トップ > 山梨の魅力 もぎたて旬のやまなし > 富士山フルーツ王国(ぶどう・もも・すもも)

山梨の魅力 もぎたて旬のやまなし

大自然

  • 富士山
  • 森と水のめぐみ

産業

  • ジュエリー・織物
  • 電子部品

やまなし ピックアップ

  • 基本情報
  • リニア開通
  • ヴァンフォーレ甲府
  • チャレンジ山梨

食

  • B級グルメ
  • ワイン王国
  • フルーツ王国(ぶどう・もも・すもも)

歴史・文化

  • 歴史
  • 郷土の祭り
  • ミレーの美術館
  • 国宝

ここから本文です。

フルーツ王国(ぶどう・もも・すもも)

おいしさ、生産量が日本一 山梨県はフルーツ王国

山梨県では多くの果物が作られており、特に「ぶどう」「もも」「すもも」は国内最大の生産量を誇っています。4月の初めには桃の花が甲府盆地を埋め尽くし、さながら桃源郷の趣を見せてくれます。春から秋にかけて、甲府盆地は収穫の季節を迎えます。近年では国内はもとより、海外にも輸出され人気を博しています。また、シーズンには、広く世界中から多くの人々が山梨の果物を楽しむために山梨県を訪れています。

ぶどう もも すもも

 ぶどう

栽培面積、生産量ともに日本一です。栽培の歴史は古く、山梨県では約1,300年前から作り始めたと言われています。「巨峰」「ピオーネ」「甲斐路」「ロザリオ ビアンコ」など、品種は多岐にわたります。また「甲州」はワインとしても有名な山梨県独自の品種です。食べ頃は8月~10月です。

主な産地

収穫期

品種

デラウェア

米国デラウエア州で育成されその名がつきました。小粒ではありますが、その食味は今でも日本人に好まれます。極早生品種で7月中旬頃から収穫されます。食べ頃は7月下旬~8月中旬頃です。

キングデラ

大阪府の育種家中村氏が育成しました。「デラウエア」を大きくした外観からその名がつきました。果粒の大きさは4g前後、糖度・酸味ともしっかりとした濃厚な味が特徴です。食べ頃は「デラウエア」より10日程度遅い8月上旬~8月中旬頃です。

サニールージュ

独立行政法人果樹研究所が育成した品種です。「デラウエア」に続く赤色早生品種で、果粒は「キングデラ」より1回り大きい6~7g、酸味が少なく食べやすさが特徴です。食べ頃は「キングデラ」より1週間程度早い8月上旬~8月中旬頃となります。

紫玉(しぎょく)

山梨県の育種家植原氏の育成種です。外観・食味とも「巨峰」に似ていますが、着色が早く、成熟が「巨峰」より10日程度早いのが特徴です。食べ頃は7月下旬~8月中旬頃です。

藤稔(ふじみのり)

神奈川県の育種家青木氏の育成種です。現在、国内の黒色大粒種の中で最も果粒が大きい品種です。30gを越える大粒のものもあります。果肉はやや柔らかいですが、酸味が少なくジューシーな食味が特徴で、食べ頃は8月中旬~9月中旬頃です。

巨峰(きょほう)

静岡県の育種家大井上氏の育成種です。現在、最も栽培面積が多い黒色大粒種となっています。種あり栽培と種なし栽培があり、房の大きさも出荷形態により300~500gと様々ですが、果粒は12~13g程度になります。食べ頃は8月上旬~9月下旬頃です。

ピオーネ

静岡県の育種家井川氏の育成です。「巨峰」に比べ、果粒が一回り大きく18g前後とボリューム感があり、上品な食味から高級感が漂います。ほとんどが種なし栽培で、食べ頃は8月下旬~9月下旬頃です。山梨県特選農産物の指定品種となっています。

ネオマスカット

岡山県の育種家広田氏の育成種です。普及版アレキサンドリアとして、育成され完熟するとマスカット香を有する独特の美味しさになります。食べ頃は8月下旬~9月中旬頃です。

ゴルビー

山梨県の育種家植原氏の育成種です。育成当時、ソ連を変革したゴルバチョフ(ゴルビー)にちなんで名前がつけられました。鮮やかな赤色の大粒種で、糖度も高く食味は良好です。食べ頃は8月中旬~9月中旬頃となっています。

ロザリオビアンコ

山梨県の育種家植原氏の育成種です。世界的に食味評価が高い2品種を親とすることから、外観・食味とも極めて優れています。糖度は18度以上と高く、食べ頃は8月下旬~9月下旬頃です。
山梨県特選農産物の指定品種となっています。

甲斐路(かいじ)

山梨県の育種家植原氏の育成種です。名前の通り山梨県を代表する赤色晩生種です。糖度が20度を超え食味は極めて良いですが、反面に病気に弱いのが難点です。食べ頃は9月上旬~10月中旬となっています。

甲州(こうしゅう)

1300年の歴史を持つ日本原産品種と言われています。生食とワイン用に利用されますが、種の周りの酸味が強いので、種ごと飲み込むことが地元流の食べ方です。山梨の露地ぶどうを締めくくる品種で、食べ頃は9月中旬~10月下旬です。低温貯蔵により年明けの出荷もあります。

ページの先頭へ戻る

 もも

栽培面積、生産量ともに日本一です。「白鳳」や「浅間白桃」などが代表的な品種で、7月の東京中央卸売市場では、山梨県産のももが約90%を占めます。県オリジナル品種「夢しずく」も生産量が増加しています。食べ頃は7月~8月です。

主な産地

収穫期

品種

ちよひめ

極早生品種で山梨県では、6月中旬から下旬に収穫されます。果実は150~200g程度ですが肉質、食味ともに良好な品種です。

日川白鳳(ひかわはくほう)

山梨県の早生種の主力品種です。果肉は白色で果汁が多く、甘み・着色とも良好なももです。6月下旬から7月中旬ころまで楽しむことができます。

夢しずく(ゆめしずく)

山梨県果樹試験場で育成した7月上旬から中旬に成熟する品種で、日川白鳳に続き収穫されます。早生種ですが大玉で、糖度も高く食味が良好です。現在、県内で産地化を進めています。

白鳳(はくほう)

山梨で最も生産量が多い品種です。鮮紅色に色づく美しい外観、白色で果汁が多い果肉、酸味は少なく上品な味が魅力です。食べ頃は7月中旬~7月下旬です。

浅間白桃(あさまはくとう)

山梨で生まれ育った品種で、白鳳に次ぐ主力品種です。300g前後と大玉、鮮明な着色、甘く香り高い果肉と、外観・食感・味覚の3拍子そろった優れた品種です。食べ頃は7月下旬~8月上旬です。

川中島白桃(かわなかじまはくとう)

浅間白桃に続く晩生種の主力品種です。300gを越える大玉、鮮明な着色、緻密な食感に優れた品種です。甘味が多く、日持ち性に優れます。食べ頃は8月上旬~8月中旬です。

ページの先頭へ戻る

 すもも

栽培面積、生産量ともに日本一です。「大石早生」や「太陽」、果肉が赤い「ソルダム」のほか、すももの常識を覆すほど大玉で高糖度の「貴陽」や、県オリジナル品種の「サマーピュート」「サマーエンジェル」が注目されています。食べ頃は7月~8月です。

主な産地

収穫期

品種

大石早生(おおいしわせ)

6月中旬から成熟する、ほどよい甘酸っぱさを備える早生品種です。収穫後追熟するため、食卓で適熟になるように、産地では果実の先端が着色始めのころに収穫します。

サマービュート

山梨県果樹試験場で育成した品種で、ソルダムとほぼ同時期に成熟する170g前後の大玉品種です。糖度は16~20度と高く食味が良好なことから、現在産地化を進めています。

ソルダム

山梨県のスモモの主力品種です。見た目は緑色ですが、果肉は赤く、独特の酸味と甘みが調和した美味しい品種です。収穫期間は長い品種ですが、7月中~下旬が食べ頃です。

サマーエンジェル

山梨県果樹試験場で育成した品種で、ソルダムよりやや遅く熟し、150g程度の大玉品種です。糖度は15~17度と高く、食味が良好で、鮮やかな紅色が特徴で、現在産地化を進めています。

貴陽(きよう)

200g以上の極大玉になり、加えて高糖度低酸度と、食味が極めて良好であることから、従来のすもものイメージを一新した品種です。7月下~8月上旬が食べ頃です。(果実の表面の小ヒビ模様は、食べ頃の証です)

太陽(たいよう)

山梨県のすもも主力晩生品種です。140g前後ですが、その名の通り完熟し赤く美しい外観になったものは、酸が抜けて食味が極良好になります。食べ頃は、8月上~中旬です。

ページの先頭へ戻る

ここまで本文です。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部農政総務課 担当:農政企画担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1581   ファックス番号:055(223)1585

山梨県農政部果樹食品流通課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1600   ファックス番号:055(223)1604

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 緊急・災害情報
  • やまなし防災ポータル
  • イベントカレンダー
  • 広報(広報誌・広報番組・発表資料)
  • よくあるお問い合わせ
  • 各種お問い合わせ

広告スペース

広告掲載について