トップ > 組織から探す > 森林環境部 > みどり自然課 > ツキノワグマ出没に対する注意について

ここから本文です。

ツキノワグマ出没に対する注意について

ツキノワグマ出没について

 

初夏~晩秋にかけてツキノワグマの行動が活発になるため、予期せぬ遭遇による危険が高まります。

山梨県内では平成29年6月14日(都留市)、7月28日(小菅村)、7月31日(笛吹市)においてツキノワグマに襲われる人身被害(軽傷)が発生しました。

(平成28年度の山梨県内における人身被害件数:5件(5月、7月(2件)、8月、11月))

 

直近のツキノワグマの出没状況(ツキノワグマの出没・目撃情報参照)を確認し、ツキノワグマと出会う危険がある場所へ入る際には、ツキノワグマ対策を行い、細心の注意を払ってください。

クマに対する注意について、詳しくは、リーフレット「ツキノワグマとの遭遇を避けるために」をご確認ください。

 

  • 最近のツキノワグマの出没・目撃情報について

 

 

山梨県ツキノワグマ出没対応マニュアルについて

近年、全国的にクマ類の出没や被害が相次ぐ中、人身被害や農林業被害防止のための対策が必要となっています。また、これと同時に、全国的に個体数の減少が懸念されているクマ類について、保護管理に関する施策を進める必要性も生じています。

これらの問題の解決にあたっては、ツキノワグマとの直接的な接触を事前に回避するとともに、人間の生活環境にツキノワグマを近づけないための対策が重要と言えます。

このような対策を実施することにより、まず、ツキノワグマの出没を減らすことで私たちの被害を防止することが可能となります。また、結果として有害鳥獣捕獲を減らし、ツキノワグマの地域個体群の保全、ひいては適切な生物多様性の維持にもつながっていくことになります。
県では、以上の考え方によりツキノワグマによる被害防止のためのマニュアルを作成しましたので、参考にしてください。

 

山梨県ツキノワグマ出没対応マニュアル(PDF)(PDF:1441KB)

関連サイト

環境省自然環境局野生生物課鳥獣保護管理室

クマに関する各種情報・取組

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県森林環境部みどり自然課 担当:自然保護担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1520   ファクス番号:055(223)1507

広告スペース

広告掲載について