トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 遺跡トピックスNo.0475長峰砦~発掘された甲州街道~

更新日:2018年1月25日

ここから本文です。

遺跡トピックスNo.0475長峰砦~発掘された甲州街道~

上野原市の遺跡

0003談合坂遺跡-埋甕-

 

0072南大浜遺跡-弥生時代再葬墓-

 

0098南大浜遺跡-陥し穴-

 

0132長峰砦跡-鉄砲玉-

 

0233関山遺跡-縄文時代中期の竪穴住居跡-

 

0243長峰砦跡-石鏃-

 

0256談合坂遺跡-縄文時代早期~前期の竪穴住居跡-

 

0267尾咲原遺跡他-復元された縄文時代の家-

はじめに

今回は中央自動車道を走っていると、気が付かない遺跡の話です。

現在、甲州街道といえば、国道20号のことを指しますね。
ただし、これは戦後に整備された道であって、江戸時代には別なルートを通っていました。
現在では「旧甲州街道」と呼ばれているこのルートが、意外にも中世の砦(山城)の跡地で発掘されています。

長峰砦跡
◆所在地:上野原市大椚1143外
◆時代:縄文時代、中世、近世
◆報告書:山梨県埋蔵文化財センター調査報告書第168集平成12年3月刊行
◆調査機関:山梨県埋蔵文化財センター

 

長峰砦とは

長峰砦跡は上野原市大椚地区に所在した中世(戦国時代)の砦(山城)であり、武田信玄の時代に上野原加藤丹後守が築いたとも言われていますが、明確なことは分かっていません。
長峰砦跡は1995年~1998年にかけて、中央自動車道の改築工事に伴って調査が行われました。その結果、尾根を整形して造られた郭(くるわ)跡、堀切跡などの中世の砦の遺構が見つかっています。

 

長峰砦に関する過去のトピックスはこちら

遺跡トピックス0132長峰砦

遺跡トピックス0243長峰砦跡-とくに縄文時代の石鏃について

 

今回取り上げる旧甲州街道は、長峰砦が廃絶された後に造られたものです。
発掘の最中に、尾根沿いを蛇行しながら東西に延びる道が断続的に発見されました。道は砦跡の空堀を埋めて造られており、より新しい時代のものであることが分かります。絵図や文献、地元の伝承と照らし合わせた結果、甲州街道であると判断しました。
甲州街道は開発によって失われていたり、後世の拡張やルート変更があったりと、当時の状態で残っている例はほとんどありません。発掘調査によって発見されたのも初めてであり、貴重な事例となります。

 

1発掘された甲州街道

2斜面地に造られた甲州街道

 

甲州街道とは

江戸幕府の創設とともに、江戸から各地に向かう主要幹線道路「五街道」が整備されました。「甲州街道(当初は甲州海道)」もその一つで、江戸から出発して、郡内・国中を通過して、信州下諏訪で中山道と合流するまでの55里(約210km)に、45の宿駅が置かれていました(駅数には諸説あり)。
甲州街道は参勤交代や茶壺道中で使われただけではなく、郡内織などの特産物を江戸に運ぶ大切な道でした。また、文化人や富士講などで多くの旅人が行き交い、文化や情報の伝達口でもありました。

 

長峰砦の甲州街道

長峰砦跡で発見された甲州街道は、現在の道と違い地形に沿っているので、蛇行や上り下りが激しいのが分かると思います。また、道幅も約1.2mと狭く「日陰の四寸道」と呼ばれた当時の表現が当てはまります。江戸時代の旅人の多くは、この道を徒歩で移動していました。ではなぜ、砦跡の空堀を埋めてまで、険しい尾根伝いのルートを選択したのでしょうか。

詳細は分かりませんが、山を下ると桂川やその支流があり、水害の影響を受けにくい尾根沿いを選択した可能性があります。上野原市域の甲州街道は多くが尾根筋を通っており、長峰砦跡で発掘された道はその典型と言えます。

1

赤い線が発掘された甲州街道、黄色が発掘調査範囲

 

2

「大椚村絵図」(山梨県埋蔵文化財センター調査報告書第168集序章掲載図を改変)

赤線で囲った箇所が長峰砦(城山と書かれている)、青線の箇所には現在も使われている野田尻の地名が確認できる

 

甲州街道から発掘された遺跡

武田氏滅亡後、長峰砦はその役割を終えていたと考えられていますが、江戸時代になっても郭(くるわ)などはそのまま残っていました。郭からは寛永通寶や文久永寶などの銭貨や煙管(きせる)など、江戸時代の遺物も出土しています。眺めを楽しんだ旅人がいたのか、あるいは甲斐から相模へ、国境を越えていく際の手向け的な意味があったのかもしれません。

 

3郭から発掘された銭貨・煙管

4長峰砦から南側をのぞむ

 

結び

残念ながら、長峰砦は中央自動車道によって大きく削られてしまい、当時の面影は残っていません。
しかし、旧甲州街道沿いには、かつての宿場町など、当時の雰囲気を残した場所がたくさんあります。
たまには高速道路や国道を走らずに、旧甲州街道を通ってみてはいかがでしょうか。

3現在の野田尻宿(上野原市)

4恋塚の石畳(石畳の敷かれた甲州街道)(上野原市)

 

 

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップへ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055‐266‐3016   ファクス番号:055‐266‐3882

広告スペース

広告掲載について