トップ > まちづくり・環境 > リニア中央新幹線 > リニア中央新幹線の動向

更新日:2017年10月3日

ここから本文です。

リニア中央新幹線の動向

中央新幹線第四南巨摩トンネルトンネル新設(西工区)について

平成28年7月、JR東海は中央新幹線第四南巨摩トンネル新設(西工区)の契約を締結しました。
 ・第四南巨摩トンネル約8.6 km(山梨県)のうち、西工区は約2.6 kmが工事範囲です。

 中央新幹線南アルプストンネル新設(山梨工区)について

 平成27年12月18日、JR東海は南巨摩郡早川町で中央新幹線南アルプストンネル新設(山梨工区)の安全祈願・起工式を行いました。
 ・南アルプストンネル約25 km(山梨県・静岡県・長野県)のうち、山梨工区は7.7 kmが工事範囲です。

事業説明会および中心線測量の実施

 平成27年7月22日、JR東海は甲府市上曽根町等で中心線測量を開始しました。

 平成26年11月5日、JR東海は南巨摩郡早川町町民会館での事業説明会を皮切りに、その後各地区において実施しました。 

 

 事業説明会から工事開始までの流れについては、リニア用地事務所をご覧下さい。 

中央新幹線品川・名古屋間の工事実施計画の認可等について

 平成29年9月25日、JR東海は、工事施工実施計画(その2)について、国土交通大臣に認可申請しました。

 

 平成26年10月17日、国土交通省は、JR東海の申請した工事実施計画(その1)を認可しました。

中央新幹線(東京都・名古屋市間)に関わる環境影響評価について

平成26年8月26日、JR東海から国土交通大臣に対して、補正後の環境影響評価書が提出されました。

 

平成26年4月23日、JR東海から国土交通大臣に対して、環境影響評価書が提出されました。

 

平成25年9月18日、JR東海から中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価準備書が発表されました。

(この準備書において、東京都・名古屋市間のリニアのルートが示されています。)

 

 

平成26年3月20日、JR東海からの中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価準備書に対して、知事意見を送付しました。

 

知事意見の内容については、こちらからご覧下さい。

 

平成23年9月27日、JR東海から中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価方法書が公告されました。

山梨リニア実験線の走行試験について

山梨リニア実験線の先行区間での走行試験は、山梨リニア実験線の更新・延伸工事に専念するため、平成23年9月末をもって、走行試験をいったん終了していましたが、JR東海は、平成25年8月29日に、先行区間(18.4km)に加え、延伸工事を行っていた一般区間(24.4km)を含めた計42.8km(笛吹市~大月市~都留市~上野原市)の実験線において、新型リニア車両L0系を使った走行試験を再開しました。

走行試験の日程につきましては、次のサイトをご覧下さい。

リニア中央新幹線中間駅の具体的設置場所に関するJR東海への要望について

リニア中央新幹線の山梨県内駅の具体的設置場所に関して、JR東海に次のとおり要望を行いました。

 

整備計画の決定について

平成23年5月26日、国土交通大臣が、全国新幹線鉄道整備法に基づき中央新幹線の整備計画を決定しました。

整備計画の決定に先立ち、5月20日には営業主体・建設主体にJR東海が指名されています。

整備計画の内容は次のとおりです。

 

建設線 中央新幹線
区間 東京都・大阪市
走行方式 超電導磁気浮上方式
最高設計速度 505キロメートル/時

建設に要する費用の概算額

(車両費を含む。)

90,300億円
その他必要な事項 主要な経過地

甲府市附近、赤石山脈(南アルプス)中南部、名古屋市附近、奈良市附近

(注)建設に要する費用の概算額には、利子を含まない。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県リニア交通局リニア推進課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1664   ファクス番号:055(223)1666

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について