トップ > まちづくり・環境 > リニア中央新幹線 > 山梨リニアファンクラブ > リニアファンクラブによせて(みらいなな・田中和雄)

更新日:2011年4月11日

ここから本文です。

 

みらいなな

みらいななさん絵本翻訳家

1962年、青山学院大学英文科卒。シャーロット・ゾロトウ、リン・チェリーらの絵本を翻訳出版、98年レオ・バスカーリアの「葉っぱのフレディ いのちの旅」を翻訳出版し、ベストセラーとなる。91年より山梨県塩山市に在住。現在、山梨英和大学表現文化分野非常勤講師。塩山市立図書館分館・甘草屋敷子ども図書館名誉館長も務める。

田中和雄

田中和雄さん (株)童話屋 代表取締役編集長 

1935年生まれ、学習院大学政経学部卒。(株)博報堂を経て(株)レマン(広告の企画制作)創業。1977年(株)童話屋 開業(書店)。1978年イトーヨーカ堂店舗内に子ども図書館開設(現在11館)。1980年出版開始、安野光雄の絵本「魔法使いのABC」、詩集「のはらうた」「ポケット詩集」、絵本「葉っぱのフレディ」、伝記シリーズなど多数。1991年山梨県塩山市に在住。須玉町、塩山市などに子ども専門の図書館を開設。山梨の全市町村に子ども図書館を作る運動を進めている。

 

 

〈みらいななさん〉

リニアできてね、山梨に

もうすぐリニアが走ります。時速550キロ!新幹線の約2倍の速さです。宝石と果実と森の王国山梨県の人びとが、世界最高スピードの陸の乗り物に一番のりする日がすぐそこまできているのです。

東京へ15分、大阪へ60分.夢のよう!でも夢ではない、本当の話です。リニアはまるで地底をとぶ巨大な龍。そのスーパーパワーで、日本じゅう、いえ、世界じゅうから山梨へ、お客さんを運んできてくれるでしょう。

さあ、リニアを応援しましょう。ご一緒に、龍にのってみましょう!

 

〈田中和雄さん〉

リニアでウィーンへ、ニューヨークへ

ぼくは飛行機が苦手で、今でも離陸と着陸のときはアームを握りしめて「かみさま!」とお祈りをします。人間に許されているのは地上と海上だけで、鳥のように空を飛ぶことは神の摂理に反している、と今も信じています。

リニアは時速550キロです。Gもかからないし揺れもありません。何より安心です。その上動力源が電気というのが嬉しい。やがて新幹線なみの省エネリニアができるでしょう。

そうなるともう飛行機とはサヨナラです。青い海の底の透明チューブのなかを、リニアが疾走する姿、ドキドキします。きっと寝台リニアもできるでしょう。

そのときにぼくは、まずウィーンに行ってニューイヤーコンサートを聴きます。ニューヨークのブルーノートにも行きます。

願えば叶います。

 

富士山をバックに

このページに関するお問い合わせ先

山梨県リニア交通局リニア推進課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1664   ファクス番号:055(223)1666

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について