トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 山梨県立考古博物館 > 特別展・企画展情報 > 第27回特別展「卑弥呼時代の黄泉世界~上の平方形周溝墓群発掘30周年~」

ここから本文です。

ホーム常設展企画展イベント学校教育利用案内各種申請書アクセスリンク

第27回特別展
「卑弥呼時代の黄泉世界~上の平方形周溝墓群発掘30周年~

甲斐風土記の丘・曽根丘陵公園内にある上の平遺跡は、弥生時代後期から古墳時代前期にかけて営まれた125基もの大規模な方形周溝墓群です。1979(昭和54)年のスポーツ広場建設に際し、55基もの方形周溝墓が確認され、この一帯に古墳が出現する前夜の墓制と社会の様相を究明する上で重要な遺跡として広く知られています。現在は「方形周溝墓広場」として保存・整備されていますが、これが山梨における遺跡保存の原点となりました。

上の平方形周溝墓群は、大きさの違う墳墓が秩序よく配列しており、中には一辺30メートルの大型なものが存在します。弥生時代は、中国の歴史書『魏志倭人伝』にみえる卑弥呼に代表されるように、祭祀を行いながら集団を率いる首長が現れ、次第にその権力を拡大してゆく時代であり、その様子を墓制にみることができます。また自然の恵みに依存した縄文時代から、稲作農耕による食糧生産社会へと移り変わる社会の内面を映し出してもいます。

そこで今回の特別展では、上の平遺跡発掘30周年を記念して「卑弥呼時代の黄泉世界」と題し、こうした墓制に示された弥生人の精神世界「黄泉世界」を垣間見ながら、社会全体の姿を明らかにします。なお東日本地域には方形周溝墓出現以前に、縄文時代の伝統が残る再葬墓や、これに伴う土偶形容器、人面付土器など特徴的な墓制がみられることから、西日本各地の墓制と比較しながら方形周溝墓が発達する過程を概観し、上の平方形周溝墓群の重要性について再認識します。

第27回特別展「卑弥呼時代の黄泉世界」ポスター

特別展ポスター

第27回特別展「卑弥呼時代の黄泉世界」チラシ表

特別展チラシ(表)
(PDF:122KB)

第27回特別展「卑弥呼時代の黄泉世界」チラシ裏

特別展チラシ(裏)
(PDF:214KB)

  • チラシ中の関連イベント「縄文人の知恵~ドングリ料理体験~」の開催日が10月31日(土曜日)となっておりますが、11月3日(火曜日)に変更になっております。

1縄文から弥生へ~黄泉世界のうつりかわり~

縄文時代と弥生時代の墓地と集落を比較します。弥生時代の大集落として知られる大阪府和泉市の国指定史跡・池上曽根遺跡出土品などを展示します。

  • 青木遺跡(北杜市)出土土器
  • 大阪府池上曽根遺跡出土土器・木製品
  • 岡遺跡(笛吹市)出土土偶型容器(山梨県指定文化財)など

2弥生墓制の開花~個性を競う各地の墓制~

弥生時代の墓の形はとてもバラエティに富んでいます。その形や出土品を展示します。九州から関東地域までの個性的な墓地を解説します。最近発見され注目されている京丹後市周辺の美しいガラス製装身具が見どころです。

  • 佐賀県二塚山遺跡出土銅鏡(重要文化財)
  • 佐賀県桜馬場遺跡出土有鉤銅釧(重要文化財)
  • 栃木県出流原遺跡出土壷形土器(重要文化財)
  • 佐賀県宇木汲田遺跡出土細形銅剣・銅鉾
  • 京都府左坂墳墓群出土ガラス製勾玉
  • 長野県下境沢遺跡出土土偶型容器など

3卑弥呼の登場と大型墳丘墓

上の平遺跡が営まれた時代は、まさに卑弥呼が活躍した時代です。各地に発達する大王墓である大型墳丘墓と卑弥呼の関係、さらに上の平遺跡や弥生時代の山梨と邪馬台国の関係を
明らかにします。佐賀県吉野ヶ里遺跡や福岡県平原遺跡出土の鏡(国宝)などを展示します。

  • 福岡県平原遺跡出土キ龍文鏡(国宝)
  • 京都府大風呂南1号墓出土銅製釧(重要文化財)
  • 京都府赤坂今井墳丘墓出土頭飾り・耳飾り(復元品)
  • 佐賀県吉野ヶ里遺跡出土柄頭飾付有柄細型銅剣(複製品)
  • 大阪府柚比本村遺跡出土赤漆玉細装鞘銅剣(復元品)
  • 岡山県楯築墳丘墓出土特殊壺
  • 長野県根塚遺跡出土鉄剣など

4方形周溝墓の拡がりと上の平遺跡

弥生時代の墓制の一つで九州から関東地域まで広く分布する方形周溝墓について、大規模な上の平遺跡をはじめ県内の方形周溝墓の豊富な出土品を展示します。

  • 長野県剣ノ宮遺跡出土鉄釧
  • 頭無遺跡(北杜市)出土鉄釧など

特別講演会・関連イベント

こちらに記載の各種講演会・イベント・学習会に参加された方は、特別展・常設展の観覧が当日限り無料となります。終了後にチケットをお配りします。是非、ご活用ください。

特別講演会

10月18日(日曜日)

第1回「弥生時代前半期のお墓」

終了しました

 

駒澤大学教授設楽博己氏

   

11月1日(日曜日)

第2回「卑弥呼時代のお墓~方形周溝墓の展開~」

終了しました

 

山岸良二氏

   

11月15日(日曜日)

第3回「卑弥呼と邪馬台国」

終了しました

 

奈良県立橿原考古学研究所企画部長寺沢薫氏

   

特別講演会のご案内

いずれも午後1時30分から3時まで、風土記の丘研修センターにて行います。参加費無料。

特別講演会は、事前の申し込みが必要です。講演日の1ヶ月前から受け付けます。

ただし、3回すべてに参加される方のみ、9月18日(日曜日)から一括して受け付けます。

申込先考古博物館055-266-3881まで

関連イベント

10月25日(日曜日)

史跡文化財セミナー「上の平方形周溝墓群と周辺の古墳

終了しました

考古博物館

および曽根丘陵周辺

参加費無料

史跡文化財セミナーは、申し込みが必要です。開催日の1ヶ月前から受け付けます。

お申し込みお電話にて考古博物館055-266-3881または、電子申請にて承ります。

11月7日(土曜日)

縄文王国山梨

古代の音色コンサート

終了しました

考古博物館

エントランスホール

お申し込みは不要です。午後2時より開始します。

参加された方は、コンサート終了後から閉館までに間、特別展・常設展を無料で観覧できます。(チケットの払い戻しはできませんのでご注意ください。)

体験学習会

10月17日(土曜日)

原始古代の技に学ぶ11

「トンボ玉作り教室」

終了しました

風土記の丘

研修センター

10月18日(日曜日)

 

チャレンジ博物館5

「弥生時代の矢じりをつくろう」

終了しました

風土記の丘

研修センター

10月24日(土曜日)

11月8日(日曜日)

特別展関連企画

「卑弥呼の鏡(!?)を作る」

終了しました

風土記の丘

研修センター

11月1日(土曜日)

チャレンジ博物館6

「弥生時代の稲刈りに挑戦しよう」

終了しました

風土記の丘

研修センター

11月3日(火曜日)

原始古代の技に学ぶ12

「縄文人の知恵~ドングリ料理体験~」

終了しました

風土記の丘

研修センター

11月21日(土曜日)

11月28日(土曜日)

原始古代の技に学ぶ13

「青銅鏡づくり体験」

風土記の丘

研修センター

11月22日(日曜日)

チャレンジ博物館7

「少し大きなまが玉をつくろう」

風土記の丘

研修センター

  • 原始古代の技に学ぶは、高校生以上一般の方が対象です。
  • チャレンジ博物館は、小中学生親子が対象です。

体験学習会は、それぞれお申し込みが必要です。開催日の1ヶ月前から受け付けます。

申込先風土記の丘研修センター055-266-5286まで

特別展のご案内

開催期間

平成21年10月10日(土曜日)~11月29日(日曜日)期間中は休まず開館しています

開館時間

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

開催会場

山梨県立考古博物館

観覧料

  • 特別展
    一般・大学生:600円(480円)
    小・中・高校生:300円(240円)
    ()内は20名以上の団体料金
  • 特別展+常設展セット(共通観覧券)
    一般・大学生640円
    小・中・高校生320円
    セット券(共通観覧券)には個人・団体の別はありません。

通常の常設展観覧料は常設展観覧料のご案内をご覧ください。

但し、以下に該当する場合の入館は特別展・常設展ともに無料となります。

  1. 期間中に当館にて開催の各種イベントに参加された方(チケットを配ります)
    観覧は各種イベント終了後から閉館(入場は16時30分まで)まで利用可能
    開催日当日の観覧のみ無料(イベントによって異なる場合があります)
  2. 小・中・高校生の土曜日の入館(県内・県外を問いません)
  3. 小学生が、当館または学校より配布された「ぬりえ」を完成させてお持ち頂いた場合
    (ただし教育課程での来館に限ります。担当の先生の証明が必要です。)
  4. 11月20日(金曜日)「山梨県民の日」の入館
  5. 県内在住の65歳以上の方(免許証・保険証等の証明書類必要)の入館
    県外の65歳以上の方(証明書類必要)は、常設展のみ入館無料
  6. 障がい者(介護を行う方を含む)の入館
  7. 学校教育課程に基づく県内の学校の訪問(下見を含む,別途申請が必要)

次の場合は、入館料が割引となります。

  1. 県内宿泊施設への宿泊の方(2割引、クーポン券などをお見せください)
    ただし、セット券(共通観覧券)を購入される場合は、適用されません。

詳しくは、考古博物館までお問い合せください。

問い合わせ

山梨県立考古博物館

電話:055-266-3881

〒400-1508
山梨県甲府市下曽根町923

 

ホーム常設展企画展イベント学校教育利用案内各種申請書アクセスリンク

 

考古博物館周辺の地図

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3881   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について