トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 山梨県立考古博物館 > 特別展・企画展情報 > 第26回特別展「埋められた財宝~大形装飾土器、銅鐸、そして埋蔵金~」

ここから本文です。

第26回特別展
「埋められた財宝~大形装飾土器、銅鐸、そして埋蔵金~

列島のそれぞれの時代を象徴する財宝が、埋められた状態で発見されることがあります。例えば、縄文時代の巨大土器や、弥生時代の銅鐸、そして中世には金貨などがあげられます。

今回の特別展では、「埋められた財宝」と題して、歴代の財宝が、どのように作られたかを復元し、それらがいかに各時代の最高の技術力で作られた逸品であるか、また人々の心を結集した財宝であるかを展示します。

今回の展示で最も注目する点は、これらの財宝がおしげもなく埋められている点です。巨大土器は、打ち割られ、破片を重ねて埋められていました。銅鐸は横にしてひれを立てて埋められていました。この異様ともいうべき埋め方=埋納法に注目したいと思います。

そして、その社会が至上のものとしてカミに捧げ、あるいはそれが秘めた強大な力を封じたであろう埋納行為を取り上げ、儀礼の様子を復元します。そうすることによって、人々の思想や精神を考察するとともに、社会の奥深い部分に迫りたいと思います。

第26回特別展「埋められた財宝」ポスター

特別展ポスター

第26回特別展チラシ(表)

特別展チラシ(表)
(PDF:204KB)

第26回特別展チラシ(裏)

拡大特別展チラシ(裏)
(PDF:152KB)

 

国宝26点、重要文化財30点を含むおよそ330点を展示

1埋納行為のはじまり

縄文時代草創期にはじまるとされる、埋納行為を概観します。

福井県鳴鹿山鹿遺跡有舌尖頭器・大形打製石斧(重要文化財)ほか

山梨県神取遺跡(北杜市)有舌尖頭器(県指定文化財)など

2縄文の至宝と埋納

縄文文化の中心である山梨の出土品を埋納という視点で見直します。土坑に埋納された土器や石器、土器と一緒に埋納された石器や原石などをとおして、縄文社会を概観します。

山梨県安道寺遺跡(甲州市)巨大土器

山梨県一の沢遺跡出土品(笛吹市)(重要文化財)

山梨県甲ツ原遺跡(北杜市)大形装飾土器など

この他、土坑出土や一括埋納の土器・石器・埋納黒曜石原石についての県内資料を展示

3銅鐸埋納

銅鐸は、山梨県内はおろか山梨以東の地域では出土例がありません。しかし、銅鐸は弥生時代を代表する至宝のひとつであり各種教科書にも紹介されていることから、この機会に実物を展示し、その特徴的な埋納行為を含めて銅鐸の社会的意味を探ります。

島根県加茂岩倉遺跡銅鐸(国宝)5点

兵庫県豊岡市気比出土銅鐸(重要文化財)

徳島県徳島市矢野遺跡銅鐸(重要文化財)

大阪府茨木市東奈良遺跡銅鐸鋳型(重要文化財)

静岡県浜松市細江町悪ヶ谷出土銅鐸

和歌山県みなべ町大久保出土銅鐸

長野県塩尻市柴宮遺跡銅鐸(長野県宝)

静岡県浜松市前原8.遺跡銅鐸(静岡県指定文化財)

静岡県浜松市滝峯才四郎谷遺跡銅鐸(静岡県指定文化財)

徳島県徳島市名東遺跡銅鐸(徳島県指定文化財)

4カミとの交信記録

古墳時代の祭祀遺構を取り上げ、カミに捧げられた貢献物を探ります。

山梨県大蔵経寺前遺跡(笛吹市)石製模造品ほか

山梨県大原遺跡(笛吹市)石製模造品など

5大地の霊の鎮めと七宝

古代以降、巨大建造物の建造にあたり、地鎮祭と埋納行為が行われるようになりました。ここでは鎮壇具にこめられた祈りの意味を解明します。

奈良県東大寺大仏殿鎮壇具(国宝)

山梨県寺本古代寺院(笛吹市)出土品

山梨県深山田遺跡(北杜市)銅鋺(山梨県指定文化財)

山梨県武田氏館跡周辺遺跡(甲府市)地鎮具

山梨県武田東畑遺跡(韮崎市)水晶結晶片

山梨県甲府城跡(甲府市)輪宝など

6黄金を埋める中世社会

貨幣制度の変遷と、現在社会では価値の高い黄金をなぜ、埋めてしまうのか、その社会的背景を考え、中世の世界観を復元します。

山梨県笛吹市春日居町下岩下出土金貨

山梨県北杜市高根町村山西割出土金貨

山梨県北杜市長坂町小和田遺跡出土銭貨など

特別講演会・関連イベント

こちらに記載の各種講演会・イベント・学習会に参加された方は、特別展・常設展の観覧が当日限り無料となります。終了後にチケットをお配りします。是非、ご活用ください。

特別展事前講座のご案内

特別展の展示について当館学芸課長が解説します。

  • 9月7日(日曜日)午後1時30分より風土記の丘研修センターにて開催します。ご期待ください。

詳しくは、特別展事前講座のご案内をご覧ください。

県民の日も特別イベントを開催します

詳しくは、県民の日イベント情報をご覧ください。

特別講演会

10月26日(日曜日) 「古代の鎮壇具」(仮題) 立正大学時枝

立正大学教授の時枝務先生に、古代寺院建立にまつわる鎮壇具とその埋納の様子をご講演いただきます。

→講演会は終了しました。

11月2日(日曜日) 「縄文時代の埋納行為」(仮題) 埼玉県立自然の博物館栗島義明

土坑に埋納された土器や石器・原石を通して、縄文時代の埋納行為についてお話しいただきます。

→講演会は終了しました。

11月9日(日曜日) 「銅鐸の世界」(仮題) 東京国立博物館井上洋一

弥生時代の祭りのカネ、銅鐸。聖域や境界に穴を掘り、ひれを立てて埋納されていました。
「聞く銅鐸」から「見る銅鐸」へ、銅鐸の移り変わりから弥生時代の社会についてお話いただきます。

→講演会は終了しました。

特別講演会のご案内
特別講演会チラシ(PDF:74KB)

いずれも午後1時30分から3時まで、風土記の丘研修センターにて行います。参加費無料。

特別講演会は、事前の申し込みが必要です。講演日の1ヶ月前から受け付けます。

申込先
考古博物館:055-266-3881

関連イベント

10月12日(日曜日)

考古博物館協力会25周年記念事業

「春風亭昇太in考古博物館」

終了しました。

考古博物館

エントランスホール

チケットが必要です

10月13日(月曜日)

─尺八・シンセサイザー・銅鐸による─

ジェントル・ブリーズ・コンサート

終了しました。

考古博物館

エントランスホール

参加費無料

10月19日(日曜日)

史跡文化財セミナー

「埋められた財宝」展と風土記の丘

終了しました。

考古博物館

および曽根丘陵周辺

参加費無料

詳しくは、それぞれ詳細をご覧ください。

史跡文化財セミナーは、申し込みが必要です。開催日の1ヶ月前から受け付けます。

お申し込み

お電話にて考古博物館(電話:055-266-3881)または、電子申請にてお申し込みください。

体験学習会

10月4日(土曜日)

原始古代の技に学ぶ6

「勾玉とガラス小玉作り」

→終了しました。

風土記の丘

研修センター

10月11日(土曜日)

および18日(土曜日)

原始古代の技に学ぶ7

「青銅器作り」

→終了しました。

風土記の丘

研修センター

10月12日(日曜日)

チャレンジ博物館4

「縄文時代の土偶をつくろう」

→終了しました。

風土記の丘

研修センター

11月8日(土曜日)

および22日(土曜日)

原始古代の技に学ぶ8

「国宝・重文の土偶作り体験」

風土記の丘

研修センター

11月16日(日曜日)

チャレンジ博物館5

「弥生時代の石包丁をつくろう」

風土記の丘

研修センター

体験学習会は、それぞれお申し込みが必要です。開催日の1ヶ月前から受け付けます。

申込先
風土記の丘研修センター(055-266-5286)まで

特別展の概要

開催期間

平成20年10月1日(水曜日)~11月24日(月曜日)期間中は休まず開館しています

開館時間

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

開催会場

山梨県立考古博物館

観覧料

  • 特別展
    一般・大学生:600円(480円)
    小・中・高校生:300円(240円)
    ()内は20名以上の団体料金
  • 特別展+常設展セット(共通観覧券)
    一般・大学生:640円
    小・中・高校生:320円
    セット券(共通観覧券)には個人・団体の別はありません。

通常の常設展観覧料は常設展観覧料のご案内をご覧ください。

但し、以下に該当する場合の入館は特別展・常設展ともに無料となります。

  1. 期間中に当館にて開催の各種イベントに参加された方(チケットを配ります)
    観覧は各種イベント終了後から閉館(入場は16時30分まで)まで利用可能
    開催日当日の観覧のみ無料(イベントによって異なる場合があります)
  2. 小・中・高校生の土曜日の入館(県内・県外を問いません)
  3. 小学生が、当館または学校より配布された「ぬりえ」を完成させてお持ち頂いた場合
  4. 11月20日(水曜日)「山梨県民の日」の入館
  5. 県内在住の65歳以上の方(免許証・保険証等の証明書類必要)の入館
    県外の65歳以上の方(証明書類必要)は、常設展のみ入館無料
  6. 障害者(介護を行う方1名を含む)の入館
  7. 学校教育課程に基づく県内の学校の訪問(下見を含む,別途申請が必要)

次の場合は、入館料が割引となります。

  1. 県内宿泊施設への宿泊の方(2割引、クーポン券などをお見せください)
    ただし、セット券(共通観覧券)を購入される場合は、適用されません。

詳しくは、考古博物館までお問い合せください。

問い合わせ

山梨県立考古博物館

電話:055-266-3881

〒400-1508
山梨県甲府市下曽根町923

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3881   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について