ここから本文です。

ホーム常設展企画展イベント学校教育事業案内各種申請書アクセスリンク

平成22年度
新指定文化財展

6月17日~9月30日の期間限定で展示いたしました。

画像:平成22年度新文化財指定展1画像:平成22年度新文化財指定展2

「甲府城跡出土飾瓦(151点)」が新しく山梨県指定有形文化財(考古資料)になりました。

(有考古第39号)【平成22年3月31日指定】

これを記念して当館エントランスホールにて「新指定文化財展」を開催しております。

指定になった151点のうちの数点を展示中。常設展示の甲府城コーナーにも展示しています。

ご案内

展示期間:平成22年6月17日(木曜日)より9月までを予定(期間限定展示)

会場:考古博物館エントランスホール

観覧料:無料

甲府城跡出土飾瓦(こうふじょうあとしゅつどかざりがわら)

文化財名:有形文化財(考古資料)「甲府城跡出土飾瓦」

出土場所:甲府市丸の内一丁目地内県指定史跡甲府城跡

所有者:山梨県

指定名称及び点数:甲府城出土飾瓦類151点

時代:文禄・慶長年間~幕末(1590年代~1860年代)

新指定された飾瓦について

飾瓦とは、屋根の大棟の両端や側面、隅棟、唐破風などに葺かれた鬼瓦、家紋付鬼瓦、足元瓦、板瓦、鳥衾等を指します。

城内からの主要な飾瓦の出土点数は151点で、この中に1704年(宝永元年)から城主となった柳沢家や、徳川家の家紋瓦も含まれますが、築城期の豊臣家や浅野家の家紋瓦が圧倒的多数を占めます。中でも鬼瓦が多く確認され家紋付の鬼瓦や無紋の鬼瓦、風神を想像させる装飾鬼瓦などがあります。

甲府城は近世城郭としては古い時期のものであり、とりわけ多種多様な瓦が使用されたことで全国的にも注目されています。今回指定の飾瓦も、城郭における飾り瓦の出現や使用方法を解明する上で極めて貴重な資料です。

画像:平成22年度新文化財指定展3画像:平成22年度新文化財指定展4

瓦の一部に金箔がみられるものもあります。

考古博物館協力会ブログでもこの展示を紹介しています。
考古博物館協力会ブログ

 

昨年度の新指定文化財展(寺本廃寺跡(山梨県指定史跡)、甲府城跡金箔鯱瓦(山梨県指定有形文化財))の様子は、新県指定重要文化財速報展のご案内をご覧ください。

 

ホーム常設展企画展イベント学校教育事業案内各種申請書アクセスリンク

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3881   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について