トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 山梨県立考古博物館 > 特別展・企画展情報 > 平成30年度秋季企画展「うずまくみずのかたち─水煙文土器の世界─」

ここから本文です。

平成30年度秋季企画展
「うずまくみずのかたち─水煙文土器の世界─」

画像:平成30年度秋季企画展のバナー

県立考古博物館では平成30年度秋季企画展「うずまくみずのかたち─水煙文土器の世界─」を開催いたします。

水煙文土器は、縄文時代中期中葉(約5,000年前)に盛行した土器です。渦巻く水煙を思わせる文様が特徴で、火焔土器(国宝)にも劣らぬ躍動感と高い芸術性を秘めた、山梨でも屈指の縄文土器として知られています。また今年度、新たな日本遺産に認定された「星降る中部高地の縄文世界」の構成文化財となっています。

今回の企画展では、山梨県内で発見された水煙文土器を一堂に集め、美術的な観点からお楽しみいただくとともに、学術的な意味についてもご紹介いたします。

また、10月20日(土曜日)には、山梨県埋蔵文化財センターより今福利恵(県埋蔵文化財センター史跡資料活用課長)を講師にお迎えし、本展の見どころなどをご解説するギャラリートークを開催いたします。ぜひ、本展のご観覧と合わせてご参加ください。

大勢の皆さまのご来館をお待ちしております。

ご案内

会期

平成30年10月6日(土曜日)~11月25日(日曜日)

休館日:毎週月曜日、10月9日(火曜日)
ただし、10月8日(月曜日・祝日)は開館いたします。

開館時間

午前9時~午後5時
入館の受付は午後4時30分までです。

会場

山梨県立考古博物館・企画展示室

会場周辺の地図(GoogleMap)

観覧料

無料

ただし常設展をご覧いただく場合は、常設展観覧料(一般・大学生210円)が必要です。
未就学児、小・中・高校生、65歳以上の方は無料です。

常設展観覧料のご案内

主催

山梨県立考古博物館

共催

縄文王国山梨実行委員会

協力

井戸尻考古館、市立岡谷美術考古館、釈迦堂遺跡博物館、大月市教育委員会、韮崎市教育委員会、笛吹市教育委員会、北杜市教育委員会、南アルプス市教育委員会

お問い合わせ

山梨県立考古博物館

電話:055-266-3881
住所:〒400-1508
山梨県甲府市下曽根町923

休館日:毎週月曜日、9月17日(月曜日)、25日(火曜日)、10月9日(火曜日)
ただし、9月17日(月曜日・祝日)、24日(月曜日・祝日)、10月8日(月曜日・祝日)は開館いたします。

主な展示資料

画像:安道寺遺跡出土・水煙文土器
安道寺遺跡(甲州市)出土
水煙文土器

画像:上野原遺跡出土・水煙文土器
上野原遺跡(甲府市)出土
水煙文土器

釈迦堂遺跡出土水煙文土器(重要文化財)、安道寺遺跡出土水煙文土器(山梨県指定重要文化財)、上野原遺跡出土水煙文土器、一の沢遺跡出土水煙文土器、竹宇Ⅰ遺跡出土水煙文土器、北原C遺跡出土水煙文土器、石之坪遺跡出土水煙文土器、西原遺跡出土水煙文土器、原平遺跡出土水煙文土器、曽利遺跡出土水煙文土器(レプリカ)、目切遺跡出土水煙文土器…など

関連イベント「縄文問答2018」

山梨県埋蔵文化財センターより今福利恵(県埋蔵文化財センター史跡資料活用課長)を講師にお迎えし、企画展をご覧いただきながら、水煙文土器の魅力や本展の見どころなどを徹底解説いたします。

ぜひ、本展のご観覧と合わせてご参加ください。

主催

縄文王国山梨実行委員会

開催日時

平成30年10月20日(土曜日)
午前10時~、午後2時~(2回開催)

会場

山梨県立考古博物館・企画展示室

参加費

無料

講師

今福利恵氏(山梨県埋蔵文化財センター史跡資料活用課長)

 

ホーム常設展企画展イベント学校教育利用案内各種申請書アクセスリンク

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055-266-3881   ファクス番号:055-266-3882

広告スペース

広告掲載について