トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 山梨県立考古博物館 > 特別展・企画展情報 > 平成28年度夏季企画展「山梨のはにわ─埴輪から見た古墳時代の地域社会─」

ここから本文です。

平成28年度夏季企画展
「山梨のはにわ─埴輪から見た古墳時代の地域社会─

画像:平成28年度夏季企画展のバナー

県立考古博物館では平成28年度夏季企画展「山梨のはにわ─埴輪から見た古墳時代の地域社会─」を開催いたします。

埴輪(はにわ)円筒埴輪(壺形・朝顔形埴輪を含む)とそれ以外の形象埴輪(家形埴輪、器財形埴輪、人物・動物埴輪)に大別されますが、「埴輪」といえば人や動物を象った形象埴輪がイメージされ、考古学の出土品の中でも特に人気があります。

しかし、山梨は東日本の中では埴輪の少ない地域であり、形象埴輪については北関東などと比べるとさらに少ないのが現状です。その背景には、古墳の規模や畿内との関係、地域性などが考えられますが、形象埴輪については最近新発見の資料も報告されており、これらについて改めて検討する必要があります。

今回の展示では、山梨の古墳から出土した埴輪を展示・ご紹介しながら、古墳時代の地域社会や古墳そのものが当時の社会で果たした機能・役割についても考えます。

ご案内

会期

平成28年7月16日(土曜日)~8月28日(日曜日)

休館日:毎週月曜日、7月19日(火曜日)

ただし、7月18日(月曜日)、8月15日(月曜日)は開館いたします。

時間

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

会場

考古博物館・企画展示室

観覧料

無料

常設展をご観覧の際は、常設展観覧料(一般・大学生210円)が必要です。未就学児、小・中・高校生、65歳以上の方は無料です。

展示の構成

はじめに~「はにわ」とは?~

つぼ」から「はにわ」へ

巡る(めぐる)」はにわ

象る(かたどる)」はにわ

おわりに~はにわから見た山梨の古墳時代~

主な展示資料

画像:米倉山B遺跡二重口縁壺
米倉山B遺跡(甲府市)出土
二重口縁壺

画像:甲斐銚子塚壺形埴輪
甲斐銚子塚古墳(甲府市)出土
壺形埴輪

画像:王塚埴輪
王塚古墳(中央市)出土
円筒埴輪

 

協力

甲府市教育委員会

笛吹市教育委員会

市川三郷町教育委員会

山梨県立博物館

中央市豊富郷土資料館

関連イベント

詳細が決まり次第、ご案内いたします。

  • クイズラリー(小・中学生親子対象:常設展を含む)
    会期中に開催予定です。
  • ギャラリートーク
    開催日:7月30日(土曜日)、8月30日(日曜日)、平日にも随時予定しております。

お問い合わせ

山梨県立考古博物館

電話:055-266-3881

 

ホーム常設展企画展イベント学校教育事業案内各種申請書アクセスリンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055-266-3881   ファクス番号:055-266-3882

広告スペース

広告掲載について