トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 山梨県立考古博物館 > 特別展・企画展情報 > 平成26年度夏季企画展「まじないの世界~儀式・呪術・霊的技術~」

ここから本文です。

平成26年度夏季企画展
「まじないの世界~儀式・呪術・霊的技術~

画像:平成26年度夏季企画展のバナー

古代より人々は様々な形で祈りを捧げてきました。そして、遺跡からは昔の人々が願いや祈り、呪いを込めたと考えられる不思議な遺物が出土します。遺跡から出土した、人々が祈りを込めて祭祀に使ったと考えられる遺物や、私達にも馴染み深い身近な品などのさまざまなモノを通して、「まじないの世界」に託した、人々の「こころ」を探ります。

ご案内

画像:平成26年度夏季企画展のご案内

平成26年度夏季企画展「まじないの世界」のご案内(PDF:1,087KB)

同時開催イベントの開催時間は、午後は午後1時~3時30分となります。

会期

平成26年7月19日(土曜日)~8月31日(日曜日)

休館日:毎週月曜日(7月21日、8月11日は開館)、7月22日(火曜日)

時間

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

会場

考古博物館・企画展示室

観覧料

無料

ただし常設展の観覧の際は、常設展観覧料(一般・大学生210円)が必要です。

展示の構成

Ⅰ.掘り起こされた祈り・まじない

まじないの場

まじないの文字・記号

まじないの形─災いを避ける・幸を呼ぶ─

Ⅱ.現代に引き継がれたまじない

生活の中に根付く

神・仏・祭り

主な展示資料

画像:塩部遺跡人形
塩部遺跡(甲府市)出土

人形(ひとがた)

画像:烏帽子をかぶった人形(二本柳遺跡)
二本柳遺跡(南アルプス市)出土

烏帽子(えぼし)をかぶった人物の人形(ひとがた)

玉類、土製品、手捏土器(てづくねどき)、石製品、鉄製品、獣骨、斉串(いぐし)、人形(ひとがた)、呪符(じゅふ)、富士信仰版木、土偶(どぐう)、鏡、人面取手付土器(じんめんとってつきどき)、土人形、現代の身近にあるおまじないグッズなど

協力

山梨県立博物館、甲府市教育委員会、中央市教育委員会、韮崎市教育委員会、笛吹市教育委員会、北杜市教育委員会、忍野村教育委員会、中央市豊富郷土資料館、富士吉田市歴史民俗博物館

関連イベント

  • 考古博物館の日イベント「まじないの木簡(もっかん)づくり」
    開催日:7月27日(日曜日)→ご案内
  • 夏季企画展関連イベント「山梨の七夕人形をつくろう」
    開催日:8月2日(土曜日)、7日(木曜日)→ご案内

お問い合わせ

山梨県立考古博物館

電話:055-266-3881

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3881   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について