トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 山梨県立考古博物館 > 特別展・企画展情報 > 平成25年度春季企画展「武田と城と城下町~信玄たちが駆けぬけた時代~」

ここから本文です。

平成25年度春季企画展
「武田と城と城下町~信玄たちが駆けぬけた時代~

画像:平成25年度春季企画展のバナー

山梨といえば「武田信玄」。信虎・信玄・勝頼の武田三代が暮らした、武田氏館跡(国指定史跡)は、今の武田神社の場所にあたります。戦国時代を雄壮に駆けぬけた武田一族とその家臣たちは実際にはどんな暮らしをしていたのか。発掘調査で見つかった出土品の数々から「風林火山」の時代へとご案内いたします。

画像:平成25年度春季企画展のご案内
春季企画展「武田と城と城下町」のご案内(PDF:183KB)

会期

平成25年4月27日(土曜日)~6月30日(日曜日)

休館日:毎週月曜日、5月7日(火曜日)

(ただし、4月29日、5月6日は開館)

時間

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

会場

考古博物館・企画展示室

観覧料

無料

ただし常設展の観覧の際は、常設展観覧料(一般・大学生210円、小中高校生100円)が必要です。

展示の構成

  1. 戦国武田氏の時代
  2. 武田氏館跡と城下町
  3. 発掘された戦いの道具
  4. 黄金の山と信玄たち
  5. 新府城と城下町
  6. 最期の武田氏

展示資料

画像:二本柳遺跡前立て

二本柳遺跡(南アルプス市)出土前立て

 

武田氏館跡(甲府市)出土金箔付馬具、舶来磁器、鉄砲玉など

武田城下町遺跡(甲府市)出土染付碗、天目茶碗、さし銭など

金生遺跡(北杜市)出土小札、鉄鏃、鉄砲玉など

勝沼氏館跡(甲州市)出土装具、漆器など

隠岐殿遺跡(眞田隠岐守屋敷推定地)(韮崎市)出土綿の種、舶来磁器、天目茶碗など

新府城跡(韮崎市)出土炭化材、陶磁器など

協力

甲州市教育委員会、甲府市教育委員会、韮崎市教育委員会、南アルプス市立春仙美術館、山梨県立博物館

関連イベント

  • 考古博物館の日イベント「甲冑(かっちゅう)を着て戦国武将に変身!&焼米を食べてみよう!」
    開催日:4月27日(土曜日)→ご案内
  • 第57回史跡文化財セミナーおよびぶらっと武田城下町共同企画「信玄の御館を訪ねる」
    開催日:4月28日(日曜日)→ご案内

お問い合わせ

山梨県立考古博物館

電話:055-266-3881

 

ホーム常設展企画展イベント学校教育利用案内各種申請書アクセスリンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3881   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について