トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 山梨県立考古博物館 > 特別展・企画展情報 > 平成23年度冬季企画展「甲州市内の出土品~国史跡・勝沼氏館跡の発掘調査~」

ここから本文です。

ホーム常設展企画展イベント学校教育事業案内各種申請書アクセスリンク

平成23年度冬季企画展
「甲州市内の出土品~国史跡・勝沼氏館跡の発掘調査~」

画像:H23冬季企画展のバナー

平成23年度冬季企画展は、甲州市教育委員会が長年にわたり発掘調査の中から、国指定史跡勝沼氏館跡の成果を展示します。勝沼氏館跡は、武田信玄の叔父である武田信友一族の館跡です。館跡の出土資料から当時のようすを紹介します。

画像:H23冬季企画展のご案内
冬季企画展「甲州市内の出土品」のご案内(PDF:501KB)

企画展の概要

展示構成

  1. 勝沼氏の登場と勝沼氏館跡
    勝沼氏館跡は武田信玄の父、信虎の弟信友とその子信元の館とされています。信友は郡内・峡東地域の守りを固め、兄信虎を補佐しました。館跡の発掘調査では、主人やその家族の居所である内郭、工房などが所在した外郭、家臣たちが暮らした郭外のようすなどが明らかとなりました。
  2. 勝沼氏と信仰・文化
    館跡からは「茶の湯」道具などが出土し、武士のたしなみが勝沼氏にも受け入れられていたことを知ることができます。また、サイコロやすごろくのコマなど当時の遊びを垣間見ることができます。
  3. 勝沼氏の日常生活
    当時国内でも有数の有力者であった勝沼氏は日常どのようなものを食べ、どのような道具を使って暮らしていたのか。出土品から紹介します。
  4. 館内に置かれた工房
    近年、内郭に設けられた工房跡出土のかわらけに金の付着が発見され、話題となりました。その他にも館の外郭では、木製品や金属製の工房跡が見つかっています。館での製作の活動のようすを紹介します。

展示品

  • 建築木材や戦いにかかわる遺物(武器・武具類、建具など)
  • お茶道具(茶釜、茶臼、天目茶碗など)
  • 祭祀遺物(玉類、梵字入り木製品など)
  • 遊びの道具(碁石、独楽など)
  • 食膳用具類(なべ、鉢、へらなど)
  • 装身具類(下駄、櫛など)
  • 農耕具類(杵、金槌など)
  • 金精錬関連遺物

以上すべて甲州市教育委員会所蔵。

ご案内

開催期間・開館時間

平成23年12月10日(土曜日)~平成24年1月29日(日曜日)

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

会場

考古博物館特別展示室

休館日

 

12月

12日(月曜日)、19日(月曜日)、26日(月曜日)、29日(木曜日)~31日(土曜日)

 

1月

1日(日曜日)、10日(火曜日)~16日(月曜日)、23日(月曜日)
10日~16日は館内整備のため休館。

観覧料

無料

常設展の観覧の際は、常設展観覧料が必要です。

共催・資料提供

甲州市教育委員会

お問い合わせ

山梨県立考古博物館
電話:055-266-3881

ミニ講演会
「勝沼氏館跡の発掘調査成果」

本企画展に関連したミニ講演会を開催します。講師には甲州市教育委員会の入江俊行氏をお迎えします。

開催日

平成24年1月22日(日曜日)

時間

午後1時30分~2時30分

会場

考古博物館・エントランスホール

講師

入江俊行(甲州市教育委員会)

お申し込み

12月22日(木曜日)より電話、直接来館、ホームページ(電子申請)にて受け付けます。

  • ホームページ(電子申請)からのお申込み
  • 携帯電話よりお申し込みの場合は、下のQRコードを携帯電話のバーコードリーダー機能を使って読み取ってください。

画像:ミニ講演会お申し込みQRコード

お願い

1月中旬から3月上旬まで冷暖房設備工事のため、暖房が入りません

ご来館される際には暖かい格好をしてお越しください。

お申し込み・お問い合わせ

山梨県立考古博物館
電話055-266-3881

 

ホーム常設展企画展イベント学校教育事業案内各種申請書アクセスリンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3881   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について