トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 山梨県立考古博物館 > 特別展・企画展情報 > 平成20年度春季企画展「甲斐の前方後円墳~その出現から消滅まで~」

更新日:2017年12月7日

ここから本文です。

平成20年度春季企画展
「甲斐の前方後円墳~その出現から消滅まで~

終了しました。

期間中7,173名の方に訪問いただきました。ありがとうございました。

春季企画展「甲斐の前方後円墳」のご案内

甲斐銚子塚古墳から出土した木製品などについて、最新データを紹介するとともに、それに続く前方後円墳の変遷に注目します。そして、甲斐の前方後円墳の出現から消滅を、発掘調査に基づいた新たな視点でとらえることにより、古墳時代の地域社会の一端を明らかにします。ぜひお越しください!!

  • 開催期間:平成20年4月26日(土曜日)~6月29日(日曜日)
  • 開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
    5月6日(火曜日)までは無休、それ以降は5月7日(水曜日)および毎週月曜日が休館となります。
  • 開催会場:県立考古博物館特別展示室
  • 観覧料:無料(常設展は有料となります)
  • 問い合わせ:県立考古博物館
    TEL:055-266-3881

ご案内パンフレット(PDF:139KB)

画像:H20春季企画展のチラシ

銚子塚塚古墳の概要

県埋蔵文化財センターの銚子塚古墳についての情報

春季企画展「甲斐の前方後円墳」展示内容など

画像:銚子塚古墳俯瞰〔写真〕国指定史跡銚子塚古墳

東日本を代表する大型前方後円墳-甲斐銚子塚古墳。およそ1600年前に築造された全長169メートルのこの巨大なモニュメントは、現在も甲斐風土記の丘・曽根丘陵公園にその雄大な姿をたたえ、訪れる人々を魅了しています。ヤマト王権との深いつながりを示す、まさに甲斐の王墓と呼ぶにふさわしい遺跡であります。近年行われた発掘調査による新たな発見により再び注目を集めたことは記憶に新しく、この成果に基づき、平成18年度には特別展「甲府盆地から見たヤマト-甲斐銚子塚古墳出現の背景-」を開催しました。

しかし、ヤマト王権との強力なパートナーシップを築いていたことを示すかのように、古墳時代前期の4世紀代には100メートルを超える前方後円墳が立て続けに営まれたにもかかわらず、中期の5世紀になるとその規模は大きく縮小し、小規模な前方後円墳が甲府盆地の周辺へ展開しながら、6世紀初頭には前方後円墳が消滅してしまいます。後期の6世紀代に大型前方後円墳が営まれる関東各地の在り方とは大きく異なります。

今回の企画展では、甲斐銚子塚古墳から出土した木製品などについて、先の特別展では展示できなかった最新データを紹介するとともに、それに続く前方後円墳の変遷に注目します。そして、甲斐の前方後円墳の出現から消滅を、発掘調査に基づいた新たな視点でとらえることにより、古墳時代の地域社会の一端を明らかにします。

展示構成

1甲斐の王墓~前方後円墳の出現~

  • ムラからクニへ
  • 歴代王墓の変遷

2甲斐銚子塚古墳~甲府盆地から見たヤマト再び~

  • 出土品最新データ
  • 甲府市内の遺跡と王の館

35世紀の画期と中期古墳~小型墳のひろがり~

  • 帆立貝式古墳
  • 円墳と方墳

4前方後円墳の消滅~中期から後期へ~

  • 最後の前方後円墳
  • 横穴式石室の出現

展示品

甲斐銚子塚古墳(甲府市)

立柱、円盤形・蕨手形木製品ほか木製品、埴輪、土師器

画像:銚子塚木製品【写真】木製品出土状況

岡銚子塚古墳(笛吹市)

埴輪、土師器、鉄鏃

丸山塚古墳(甲府市)

埴輪、環状乳四神四獣鏡(複製)

狐塚古墳(笛吹市)

鉄剣、鉄刀、鉄鉾

物見塚古墳(南アルプス市)

管玉、臼玉

王塚古墳(中央市)

埴輪

大塚古墳(市川三郷町)

鈴釧(複製品)、六鈴鏡(複製品)、埴輪

展示の様子

画像:展示風景(H20春季企画展)【写真】展示風景

写真中央に展示されている遺物は、銚子塚古墳から出土した立柱(木の柱)。

発掘された事例は少なく非常に珍しいものです。

木の表面には金属の工具で加工された痕がみられます。じっくりご覧ください。

画像:展示風景(H20春季企画展)2【写真】展示風景

中央市にある王塚古墳から出土した埴輪も展示しています。

多くの皆様のご来場をお待ちしています

展示見学の様子

児童が企画展を見学をしました。

展示では、山梨の前方後円墳の時代を知ることができます。

解説を聞きながら、熱心に見学をしていました。

画像:春季企画展見学20080606

この柱みたいなものはなんだろう?お家の柱かな?

銚子塚古墳から出土したものでお祭りで使われたと考えられているよ。

腐りやすい木が加工の痕も残って出土したことは珍しいよ。

画像:春季企画展見学20080606画像:春季企画展見学20080606

前方後円墳って知ってる?前方後円墳の時代はどんな時代だったのだろうね。

埴輪だぁ。管玉ってなんだろう?

画像:春季企画展見学20080606画像:春季企画展見学20080606

埴輪、鉄剣。古墳からはいろいろなものが出ているんだなぁ。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3881   ファクス番号:055(266)3882

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について