ここから本文です。

山梨の遺跡展2009

終了しました。たくさんの方のご観覧ありがとうございました。

画像:山梨の遺跡展2009イメージ

山梨県埋蔵文化財センターでは、3月14日(土曜日)から4月5日(日曜日)まで、”知ろう山梨の歴史!”「山梨の遺跡展2009」として、平成20年度中に埋蔵文化財センターや市町村教育委員会で実施した県内各地の発掘調査と整理作業の成果を、土器や石器等の出土品、解説や写真のパネルを用いて紹介します。

展示の内容とおもなみどころ

都留バイパス線建設に先立ち調査をした都留市の美通遺跡では縄文時代中期(今から4000年~5000年程前)の床に石が敷かれた竪穴住居跡が見つかりました。リニア実験線の建設に先立ち調査をした笛吹市の三光遺跡では、同じく縄文時代中期の華やかな装飾が施された土器が多数見つかっています。また、学術調査として5年の月日をかけて行った、山梨各地にある鎌倉時代から戦国時代のお寺の発掘調査の成果も紹介します。
た今年は「武田関連城館跡の調査と展望」のコーナーも併設します。
のコーナーでは市町村教育委員会が行った武田氏に関連した城跡や館跡の最新の学術調査とこれからの整備の展望を紹介します。
武田信玄が国政を執った甲府市の国史跡武田氏館跡を初めとして、甲斐源氏の発展の礎を築いた源清光の築城と伝えられる、北杜市の国史跡谷戸城跡、その清光の子であり甲斐武田氏の祖である信義が館を構えたと伝えられる、韮崎市の市史跡武田信義館跡、信玄の父信虎が誕生したと伝えられる笛吹市の信虎誕生屋敷遺跡などの遺跡を紹介します。
ここで紹介した遺跡を含め、18以上の県内各地の遺跡が一同に会します。住んでいる地域の歴史に触れるまたとない機会です。是非足をお運び下さい。

展示するおもな遺跡と内容

県埋蔵文化財センター関連

市町村関連

竜安寺川西遺跡(笛吹市)

三光遺跡(笛吹市)

美通遺跡(都留市)

中丸遺跡(笛吹市)

稲山遺跡(笛吹市)

八幡神社遺跡(甲府市)

県内分布調査(原間遺跡(南部町)ほか)

中世寺院分析調査

県指定史跡甲府城跡

埋蔵文化財普及事業

国指定史跡武田氏館跡(甲府市教育委員会)

県指定史跡勝山城跡(都留市教育委員会)

市指定史跡武田信義館跡
国指定史跡新府城跡・能見城跡(韮崎市教育委員会)

信虎誕生屋敷遺跡(笛吹市教育委員会)

国指定史跡谷戸城跡・烽火台跡など(北杜市教育委員会)

市指定史跡椿城跡・寺部村附第6遺跡(南アルプス市教育委員会)

県指定史跡連方屋敷(山梨市教育委員会)

ご案内

開催期間

平成21年3月14日(土曜日)~4月5日(日曜日)(月曜休館)

午前9時~午後5時(入館は各日とも午後4時30分まで)

会場

考古博物館特別展示室(多目的室)

観覧料

無料

ただし、当館常設展示をご覧いただく場合は、常設展観覧料が必要です。

運営・協力

主催

山梨県埋蔵文化財センター

共催

山梨県立考古博物館

協力

北杜市教育委員会・甲府市教育委員会・都留市教育委員会

山梨市教育委員会・韮崎市教育委員会・南アルプス市教育委員会

お問い合せ

展示内容についてのお問い合せ

山梨県埋蔵文化財センター

〒400-1508
甲府市下曽根町923

TEL:055(266)3016

http://www.pref.yamanashi.jp/maizou-bnk/

会場・アクセスについてのお問い合せ

山梨県立考古博物館

〒400-1508
甲府市下曽根町923

TEL:055(266)3881

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3881   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について