ここから本文です。

ホーム常設展企画展イベント学校教育利用案内各種申請書アクセスリンク

平成27年度
インターンシップ・職場体験

当館では、中学生の職業体験(職場体験・就業体験)や高校生のインターンシップを山梨県埋蔵文化財センターとともに行っております。平成27年度(2015年度)は中学校11校31名、高等学校1校2名を受け入れました。

体験補助のようす

体験補助のようす1
夏休みフリーパスポート関連イベント
「古代の火起こしにチャレンジしよう!」

体験補助のようす2
「拓本(たくほん)しおりをつくろう!」

 

インターンシップ・職場体験実施学校・実施日

学校名

学年・人数

実施日

甲府市立笛南中学校桜木分校

小5、1~3年・7名

平成27年5月22日

甲斐市立双葉中学校

2年・2名

7月8日~10日

東洋英和女学院

3年・1名

7月12日

富士河口湖町立勝山中学校

2年・3名

7月24日

山梨県立白根高校

2年・2名

7月28日~30日

山梨市立山梨南中学校

2年・5名

7月31日

甲府市立甲府南中学校

2年・2名

8月4日~6日

甲府市立甲府北中学校

2年・2名

8月4日~6日

甲府市立甲府北東中学校

2年・2名

8月4日~6日

甲府市立笛南中学校

2年・4名

8月13日~15日

山梨英和中学校

3年・1名

10月8日~9日

笛吹市立石和中学校

2年・2名

11月12日~13日

 

体験内容

考古博物館に併設されている山梨県埋蔵文化財センターと協同で実施しました。

【考古博物館での体験】

考古博物館体験1考古博物館体験2

考古博物館体験3考古博物館体験4

  • 博物館施設、展示、古墳(公園)の見学

まずはじめに考古博物館の中を見学しました。展示室内では見学者ではなく、職員としての立場でどのような資料がどういう構成で展示されているのか説明を聞きました。また展示室内の照明、キャプション(資料名の書かれた案内)や解説パネル、資料の破損、ワークシートが補充されているかなど、細かいチェックポイントについても指導を受けました。職場体験中には職員としてチェックの仕事やお客さんへの案内をすることもあるので、生徒・学生の皆さんも真剣に聞いていました。

展示室以外にも普段は入ることのない博物館職員の仕事エリア、資料の保管してある収蔵庫内にまで入り、資料がズラリと並んだ棚を興味深く見学しました。

考古博物館のある甲斐風土記の丘・曽根丘陵公園にはたくさんの古墳や遺跡があります。それらを見学し、実際に古墳に登る体験をすることで、古代の人々の気持ちや環境など、あらためて学習しました。

  • 博物館の仕事を体験する

実際に博物館の仕事を体験しました。展示室内を見学しながら受けた説明にしたがって展示室内の点検を行い、展示監視や解説の体験をした学校もありました。

博物館の大切な仕事の一つである普及活動の補助も体験しました。博物館のイベント開催期間に職場体験をした学校の生徒さんは、材料の準備や接客の体験をしました。最初は緊張していた生徒・学生のみなさんも、時間とともに上手にお話しをしながらお客さまの作業のお手伝いをしました。

イベントの手伝い以外にも、図録送付のための事務作業をしたり、竪穴住居の燻蒸作業をしたりと、細かい裏方の作業も体験しました。

  • 考古博物館と学芸員について(学習)

考古博物館で発行している資料を使って、博物館の施設や仕事について学習しました。実際に仕事を体験したことで、仕事をすることの大変さや楽しさなどより深く学ぶことができました。

  • 考古博物館で体験したこと(具体的に)

拓本しおり作り、プラバンつくり、しおり用写真やプラスチック板などのカッティング、缶バッジの作成、特別展・常設展監視、来館者へのチラシ渡し、展示資料解説、遺物(重要文化財)の展示入れ替え作業見学、展示室チェックなど。

また、今年は学研様より職場体験学習の様子を取材させてほしいとの依頼があり、甲府市立甲府南中学校の生徒さんが取材を受けました。職場体験の様子は本になり、学校の図書館などに置かれていると思います。ぜひ、ご覧になってみてください。

図書名:「職場体験学習に行ってきました。15教育・文化施設の仕事」学研

「職場体験学習」で検索!→学研出版

【山梨県埋蔵文化財センターでの体験】

埋文体験1埋文体験2

埋文体験3埋文体験4

  • 埋蔵文化財センターの仕事を体験する

多くの生徒さんは、埋蔵文化財センターの仕事のうち、建物の中で行う作業の一部を体験しました。発掘したまま泥だらけの資料をきれいにする「水洗作業」、綺麗にした資料に番号をふる「注記作業」、色や形・文様などを手がかりに資料同士のつながる部分を探す「接合作業」です。職員の皆さんに丁寧な指導を受けながら、慣れない作業に四苦八苦していましたが、作業が終わるころには上手に仕上げることができました。

今年は幸運にも、大石遺跡での発掘調査を体験した生徒さんもいました。ジョレンという道具を使って地面を平らに削る作業を行い、平安時代の土器の出土を見ることもできました。炎天下での慣れない作業でしたが、作業員の方と積極的にコミュニケーションをとり、有意義な時間を過ごすことができました。

考古博物館ではその日その時により体験できる内容が異なり、学校により体験できなかったものもあります。ですがそれも含め、さまざまなことを行わなければならない博物館の仕事というものを理解できたのではないかと思います。今回の体験を通して、仕事をするという事の大変さや楽しさを学び、将来に生かしてもらえたらと思います。

考古博物館では平成28年度もインターンシップ・職場体験を受け付けます。イベントなどにより対応できない場合もありますが、相談のうえご要望に添う形で対応いたします。

インターンシップ・職場体験をご希望される方は考古博物館・学芸課までお問い合わせください。

インターンシップ・職場体験のご案内(山梨県立考古博物館)

 

ホーム常設展企画展イベント学校教育利用案内各種申請書アクセスリンク

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055- 266-3881   ファクス番号:055-266-3882

広告スペース

広告掲載について