ここから本文です。

学芸員実習について

はじめに

博物館学芸員実習は、博物館活動の一環として学芸員資格取得を希望する学生に対して実習の機会を与え、博物館に関わる人材育成に資するとともに、博物館活動の普及を行うことを目的とします。

平成29年度の実習に関する概要

受講資格

  1. 大学で、博物館実習を除く博物館法施行規則第一条に定められた博物館に関する科目の単位を修得済みまたは実習実施年度で修得見込みの者
  2. 山梨県出身者もしくは山梨県内の大学に在学する者
  3. 歴史学、考古学、人類学等の人間の歴史研究分野を専攻し、将来博物館等に従事しようとする希望をもつ者や、博物館を積極的に活用しようとする意欲を有する者

以上の1から3までの条件をすべて満たす者、もしくは特別に館長の許可を得た者を対象とします。

ご不明な点は、県立考古博物館・学芸課の実習担当までお問い合わせください。

定員

原則として5名

実習期間

平成29年8月1日(火曜日)から8月11日(金曜日)までのうち、10日間

実習内容

  1. 山梨県立考古博物館の概要と役割などについての概説と施設見学
  2. 学芸員の行う展示、遺物梱包、写真撮影、体験学習などの各業務についての分野別の講義および実習や補助、レポート作成等

必要書類

受講希望者本人が以下の必要書類等を準備のうえ、申し込み受付期間内に郵送または直接来館の上、提出してください。

  1. 学芸員実習申込書(様式1・自筆で記入のこと
    学芸員実習申込書(様式1)のダウンロード(PDF:508KB)
  2. 履歴書(市販のもの・自筆で記入のこと
  3. 成績証明書もしくは単位修得見込み証明書
  4. レポート(次のテーマのうちいずれか、800字程度)
    (1)あなたが学芸員資格を習得する理由について
    (2)当館常設展または実習実施前年度で開催した企画展の中から1つ選び、良かった点、悪かった点を交えての感想

  5. 受け入れ可否通知用の返信用封筒(返信先明記のうえ、82円切手を添付すること)

申し込み受付期間

平成29年2月1日(水曜日)~3月31日(金曜日)

受け入れまでの流れ

  1. 応募者が定員を超えた場合、提出書類をもとに選考します。選考後、4月末日までに応募者全員に実習受け入れの可否を通知します。なお、選考にあたっては、受講資格及びレポート内容とともに、大学院生、4年生を優先します。
  2. 受け入れが内定した方は、実習実施年度の5月末日までに、大学の実習担当事務局を通じて当館館長宛の正式な依頼文を当館の実習担当に送付してください。その際、未提出の単位修得見込み証明書および成績証明書がある場合は添付してください。それを以て正式な申し込みとします。
  3. 正式な依頼文受領後、受け入れ決定通知を大学の実習担当事務局に通知します。

その他、受講希望者は当館ホームページや考古博物館だより等で施設や主催事業等について、事前に確認しておいてください。

書類等の送付先

〒400-1508

山梨県甲府市下曽根町923番地

山梨県立考古博物館 学芸課 実習担当

お問い合わせ

山梨県立考古博物館・学芸課

電話:055-266-3881

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3881   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について