更新日:2018年8月7日

ここから本文です。

ホーム常設展企画展イベント学校教育利用案内各種申請書アクセスリンク

原始古代の技に学ぶ第6回
「和鏡作り体験教室」

県立考古博物館では月に1回程度、大人の方を対象としたものづくり教室・原始古代の技に学ぶを開催しております。この教室は大人の方に古代の人々の思いや工夫を、体験を通して感じ、学んでいただく体験教室です。

今年度6回目のものづくり教室は、和鏡(わきょう)作り体験教室を開催いたします。

和鏡の製作例(全長:約8.5cm職員製作)
画像:和鏡の製作例
画像を拡大(JPG:3,341KB)

和鏡は平安時代以降に、日本で作られた日本風の鏡です。それ以前の時期に作られた大陸の鏡を模して作られた鏡は仿製鏡(ぼうせいきょう)と呼んで区別されており、鏡背の文様には草花鳥蝶など自然の風物を意匠化したものが多くみられます。

今回のものづくり教室では、南アルプス市・野牛島(やごしま)の西ノ久保遺跡から発見された和鏡をモデルとして、原寸大の和鏡作りを体験していただきます。

今回のものづくり教室で作製する和鏡は、山梨県産業技術センターの協力を得て原品から3Dモデルデータを取得、さらに往時の姿を再現するために文様の調整を行い、より往時に近い姿を再現することができました。

画像:西ノ久保遺跡出土・和鏡
西ノ久保遺跡出土・和鏡
南アルプス市教育委員会所蔵

西ノ久保遺跡の発掘調査では、縄文時代晩期の遺物や古墳時代前期、奈良・平安時代~中世の集落跡など多くの貴重な発見がありました。今回作製する和鏡は、遺跡内で発見された平安時代最終末期の墓のうちの1基より、副葬品として埋納されていました。和鏡は被葬者の頭の北側に置かれた状態で発見されており、鏡は魔除けの役割を果たすとともに、女性の化粧道具でもあることから、和鏡とともに埋葬されたのは女性かもしれないと考えられています。また、その埋葬形態からは、被葬者が高貴な身分の出身者であった可能性が指摘されています。

鏡背の文様は格子文の中に一つ一つ「星梅鉢(ほしうめばち)」が施され、2羽の鳥(スズメ)が描かれています。スズメは古来より厄をついばみ、幸をもたらす大変縁起の良い吉鳥され、吉祥文様としても使われることが多い図柄です。

また、2羽の鳥は雁金(かりがね─カモ目カモ科マガン属の野鳥。雁(がん、かり))とする説もあり、仲良く群れをなす雁金は絆の強さを想起させることから、和鏡は被葬者の嫁入り道具だったのではないかとも考えられています。いずれにしても和鏡に描かれた2羽の鳥は、縁起の良い動物として描写されています。

今回のものづくり教室では和鏡作りを通して、日本の歴史上最古の合金である青銅作りについての学習や、青銅器作りの工程を見学・体験していただき、古代より受け継がれてきた技術や文化に触れていただきます。

皆さまのご参加をお待ちしております。

鋳型作り・鋳込みは難易度が高く、高温で熔かした青銅を扱う鋳込みは作業に危険を伴いますので、当日の作業は鋳込み後の研磨作業のみとなります。あらかじめご了承ください。

ご案内

開催日

平成30年9月9日(日曜日)

時間

Aグループ:午前9時~12時
Bグループ:午後1時30分~4時30分

会場

風土記の丘研修センター・実習室

山梨県甲府市下向山町1271(甲斐風土記の丘・曽根丘陵公園内)

会場は考古博物館ではございません。地図(GoogleMap)を参考にご来場ください。
なお、考古博物館と風土記の丘研修センターを結ぶ曽根丘陵公園内の道路は、車両は通行できません(徒歩での通行は可能です)。

対象・定員

16歳以上の方・各グループ8名ずつ(合計16名)

参加費

5,000円
教材費とイベント保険料です。参加時にお支払いください。

持ち物・服装

筆記用具
汚れてもよい服装(エプロン等着用)でご参加ください。

お申込み方法

参加には事前にお申込みが必要です。

参加希望者ご本人様より、風土記の丘研修センターへお電話、またはご来館の上、お申込みください。

平成30年8月9日(木曜日)より参加お申込みを承ります。定員になり次第、募集を締め切ります。

お申込みの際に、参加ご希望の時間帯(AグループまたはBグループ)をお伝えください。ただし、応募状況によりご希望に添えない場合がございます。あらかじめご了承ください。

お申込み後、ご都合等によりキャンセル・ご欠席される場合は、お早めにご連絡をくださいますようお願いいたします。

共催

アルプス市教育委員会

協力

山梨県産業技術センター

お申込み・お問合せ

風土記の丘研修センター
山梨県甲府市下向山町1271
電話:055-266-5286
受付時間:午前8時30分~午後5時

休館日:毎週月曜日
ただし、8月13日(月曜日)は開館いたします。

 

ホーム常設展企画展イベント学校教育利用案内各種申請書アクセスリンク

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055-266-3881   ファクス番号:055-266-3882

ものづくり教室に関するお問い合わせは、風土記の丘研修センター(電話:055-266-5286)までお願いいたします。

広告スペース

広告掲載について