トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 山梨県立考古博物館 > イベント情報 > 平成30年度イベント情報 > 原始古代の技に学ぶ第1回「玦状耳飾りペンダント作り教室」

更新日:2018年4月23日

ここから本文です。

ホーム常設展企画展イベント学校教育利用案内各種申請書アクセスリンク

原始古代の技に学ぶ第1回
「玦状耳飾りペンダント作り教室」

このものづくり教室は開催済みです。
おおぜいの皆さまのご参加ありがとうございました。

県立考古博物館では月に1回程度、大人の方を対象としたものづくり教室・原始古代の技に学ぶを開催しております。

平成30年度1回目のものづくり教室は、玦状(けつじょう)耳飾りペンダント作り教室作り教室を開催いたします。

このものづくり教室はキャンパスネットやまなし連携事業です。

画像:玦状耳飾りの製作例
玦状耳飾りの製作例(職員製作)

玦状耳飾りは古代中国の装飾用の玉器・玦に形状が似ていることから名付けられた、装身具の一種(ピアス)と考えられています。その歴史は縄文時代早期までさかのぼり前期になると全国的に流行します。

画像:花鳥山遺跡出土・玦状耳飾り
花鳥山遺跡(笛吹市)出土・玦状耳飾り
画像:玦状耳飾りの装着イメージ
玦状耳飾りの装着イメージ図

耳飾りに開けられた3つの孔(あな)は、割れてしまった耳飾りを補修するために開けられたと考えられています。

C字状の耳飾りの切れ目から耳朶に開けた孔に通し、ピアスのように装着していたと考えられています。

山梨県内の縄文時代の遺跡では、笛吹市の花鳥山遺跡や北杜市の天神遺跡などから数多くの出土品ともに玦状耳飾りが発見されています。

画像:玦状耳飾りペンダントの製作例1画像:玦状耳飾りペンダントの製作例2
玦状耳飾りペンダントの製作例(職員製作)

今回のものづくり教室では、県内外の縄文時代の遺跡から出土した玦状耳飾りについて学習していただくとともに、素材の高麗石を削り・磨いて玦状耳飾り作りを体験していただきます。完成した耳飾りは紐とトンボ玉を取り付けてペンダントに仕上げてお持ち帰りいただきます。

おおぜいの皆様のご参加をお待ちしております。

ご案内

開催日

平成30年4月21日(土曜日)

時間

午前10時~12時30分

会場

風土記の丘研修センター・実習室(山梨県甲府市下向山町1271)

考古博物館から離れています。下記の地図を参考にご来場ください。

対象・定員

16歳以上の方・12名

参加費

1,000円
教材費とイベント保険料になります。参加時にお支払いください。

持ち物・服装

筆記用具、作業ができる服装(エプロン等)
汚れてもよい活動しやすい服装でご参加ください。

お申込み方法

このものづくり教室は開催済みです。おおぜいの皆さまのご参加ありがとうございました。

参加には事前にお申込みが必要です。

参加希望者ご本人より風土記の丘研修センターへお電話、またはご来館のにて、お申込みください。

平成30年3月21日(水曜日・春分の日)よりお申込みを承ります。定員になり次第、募集を締め切ります。

お申込みをキャンセルされる場合は、お早めにご連絡くださいますようお願いいたします。

お申込み・お問合せ

風土記の丘研修センター

住所:山梨県甲府市下向山町1271
電話:055-266-5286

受付時間:午前8時30分~午後5時

休館日:毎週月曜日、3月22日(木曜日)

 

ホーム常設展企画展イベント学校教育利用案内各種申請書アクセスリンク

会場のご案内

会場への経路は下記の地図をご参照ください。なお、考古博物館と風土記の丘研修センターを結ぶ曽根丘陵公園内の道路は、車両は通行できませんのでご注意ください(徒歩での通行は可能です)。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055-266-3881   ファクス番号:055-266-3882

ものづくり教室に関する詳しいお問い合わせは、風土記の丘研修センターまでお願いいたします。
住所:〒400-1507
甲府市下向山町1271
電話番号:055-266-5286
ファックス番号:055-266-5287

広告スペース

広告掲載について