トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 山梨県立考古博物館 > イベント情報 > 平成30年度イベント情報 > チャレンジ博物館第2回「アンデスの染め物にチャレンジ」

ここから本文です。

ホーム常設展企画展イベント学校教育利用案内各種申請書アクセスリンク

チャレンジ博物館第2回
「アンデスの染め物にチャレンジ」

このものづくり教室は開催済みです。
おおぜいの皆様のご参加ありがとうございました。

県立考古博物館では、小・中学生の親子を対象としたものづくり教室・チャレンジ博物館を月に1回程度開催しています。平成30年度第2回目のチャレンジ博物館開館35周年記念特別展「古代アンデス文明展」の連携イベントとして、アンデスの染め物にチャレンジします。

このものづくり教室はキャンパスネットやまなし連携講座です。

画像:コチニール染めの製作例
コチニールを使った染め物の製作例(職員製作)

古代アンデス文明が栄えた中南米では、およそ2,000年前から動植物の織物を色鮮やかに染め上げる染織が盛んに行われてきました。今回のものづくり教室では、アンデスの染織品を彩ってきた染料の一つ・コチニールを使った染め物を通して、古代アンデスの歴史や文化を体感していただきます。

画像:刺繍マント(ナスカ文化)
刺繍(ししゅう)マント(ナスカ文化)
ペルー文化省・国立考古学人類学歴史学博物館所蔵

画像:幾何学文様の織物ベルト
幾何学(きかがく)文様の織物ベルト(ナスカ文化)
ディダクティコ・アントニーニ博物館所蔵

コチニールはウチワサボテンに寄生するカイガラムシから採れる天然の染料です。中南米では古くからカイガラムシが養殖され、染織に利用されてきました。

コチニールは1532年にインカ帝国を征服したスペイン人によって、「新大陸の赤」としてヨーロッパにもたらされました。コチニール色素は染色時に使う溶液によって色調が変化する特徴があり、その鮮やかで豊かな色彩は瞬く間にヨーロッパの人々を魅了しました。そして、スペインはコチニールの正体がカイガラムシであることを隠し、その輸入を独占して巨額の富を築き上げました。

画像:模様サンプル1画像:模様サンプル2
画像:模様サンプル3画像:模様サンプル4
模様付けの例(工夫次第で様々な模様を付けられます)

今回のものづくり教室では、染色について学習いただくとともに、コチニールを使った染料の抽出や染め物を体験していただきます。染料の材料であるコチニールから染料を抽出し、綿のバンダナに輪ゴムや糸などを使って模様付けの細工を施します。バンダナを染色液に浸して染色し、オリジナルバンダナとしてお持ち帰りいただきます。

チャレンジ博物館に参加された方には、集めて楽しいスタンプカードを発行いたします(平成31年度有効)。1回の参加ごとに1スタンプを押印し、スタンプが集まるとオリジナルプレゼントを差し上げます!ぜひ続けてご参加ください!

次回のチャレンジ博物館は「アンデスの絵皿づくりにチャレンジ(特別展連携イベント)」(平成30年7月8日(日曜日)、15日(日曜日)開催予定)を開催いたします。参加お申込みは6月8日(金曜日)より承ります。皆さまのご参加をお待ちしております。

ご案内

開催日

平成30年6月17日(日曜日)

時間

午前9時30分~午後1時

必要に応じて昼食をご用意ください。

会場

風土記の丘研修センター・実習室

山梨県甲府市下向山町1271(甲斐風土記の丘・曽根丘陵公園内)

考古博物館から離れています。下記の地図を参考にご来場ください。

参加対象・定員

小・中学生の子どもとその保護者・16名

子どものお申込みが16名に達した時点で募集を締め切ります。
小学校5年生以下の方は、一人につき保護者一人の付き添いが必要です。保護者は祖父母等でも構いません。
小学校6年生および中学生の方は、本人のみの参加ができます。

参加費

無料

持ち物

エプロン、マスク、ゴム手袋(できれば袖の長いもの)、筆記用具、昼食(必要に応じて)

服装

汚れてもよい、活動しやすい服装でご参加ください。

お申込み方法

このものづくり教室は開催済みです。おおぜいの皆様のご参加ありがとうございました。

風土記の丘研修センターへお電話、またはご来館の上、お申込みください。

平成30年5月19日(土曜日)よりお申込みを受け付けます。定員になり次第、募集をしめきります。

お申込み後、キャンセルまたはご欠席される場合は、お早めにご連絡をくださいますようお願いいたします。

お申込み・お問合せ

風土記の丘研修センター

電話:055-266-5286

受付時間:午前8時30分~午後5時

休館日:毎週月曜日

 

ホーム常設展企画展イベント学校教育利用案内各種申請書アクセスリンク

会場のご案内

会場への経路は下記の地図をご参照ください。なお、考古博物館と風土記の丘研修センターを結ぶ公園内の道路は車両は通行できませんのでご注意ください(徒歩での通行は可能です)。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055-266-3881   ファクス番号:055-266-3882

ものづくり教室に関する詳しいお問い合わせは、風土記の丘研修センターまでお願いいたします。
住所:〒400-1507
山梨県甲府市下向山町1271
電話番号:055-266-5286
ファックス番号:055-266-5287

広告スペース

広告掲載について