トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 山梨県立考古博物館 > イベント情報 > 平成29年度イベント情報 > チャレンジ博物館第11回「私の火起こし機づくり・火起こし体験にチャレンジ」

更新日:2018年2月18日

ここから本文です。

ホーム常設展企画展イベント学校教育利用案内各種申請書アクセスリンク

チャレンジ博物館第11回
「私の火起こし機づくり・火起こし体験にチャレンジ」

このものづくり教室は開催済みです。
おおぜいの皆さまのご参加ありがとうございました。(平成30年2月18日)

県立考古博物館では月に1回程度、小・中学生の親子を対象としたものづくり教室・チャレンジ博物館を開催しております。

今年度第11回目のものづくり教室は、火起こし機づくり・火起こし体験にチャレンジします。

このものづくり教室はキャンパスネットやまなし連携講座です。

画像:弓ぎり式火起こし機の製作例
火起こし機(弓ぎり式)の製作例(職員製作)
左上:ハンドピース(火きり棒を押さえて固定する器具)、左下:火きり棒
中央:火きり板、右:弓(ひもを張った棒)

たちの生活にたくさんの恵みをもたらしてくれる。現代では様々な発火方法が発明され簡単に火を得られますが、大昔の人々にとって火を得るのはとても大変なことでした。

起こしの方法を発明するより前の人々は、自然に起こった火(落雷による火事や火山の活動、木と木が自然にこすれあって起こった火など)を利用していたと考えられています。やがて木と木をこすり合わせた熱で火が起こることを発見すると、火の活用は人々の暮らしに広く普及し、もみぎり式・ひもぎり式・弓ぎり式・舞ぎり式などの様々な発火方法が発明されました。

今回のものづくり教室では数ある古代の火起こし方法のうち、「弓ぎり式」と呼ばれる方法の道具を作製していただき、作製した道具を使って古代の火起こしにチャレンジしていただきます。

画像:弓ぎり式火起こし機を使った火起こしの様子
弓ぎり式火起こし機を使った火起こしの様子

画像:火起こしで作った火種
火起こし機で作られた火種

ぎり式火起こしでは、火きり棒と火きり板、弓(ひもを張った棒)とハンドピース(火きり棒を押さえて固定する器具)を使用します。

火きり棒に弓のひもを巻き付けて火きり板に立て、ハンドピースを使って片手で固定します。もう片方の手で弓を前後(左右)に引くと火きり棒が回転し、火きり板と火きり棒の間に摩擦熱が生じて火種が作られます。火種を燃えやすいもの(麻の繊維など)に移し、空気を送り込むと火が起こります。なお、この方法は狩りで使用する弓を火起こしに応用したものと考えられています。

今回のものづくり教室では、古代の火起こし方法や技術について学習していただくとともに、職員による弓ぎり式火起こし機を使った火起こしの様子を見学していただきます(なお、職員が起こした火で持参いただいたお芋を焼いていただきます。焼いたお芋は火起こし機が完成した後、召し上がっていただきます)。

続いて、弓ぎり式火起こし機作りを体験していただき、完成した火起こし機を使って実際に火起こしにチャレンジしていただきます。

チャレンジ博物館に参加された方には、集めて楽しいスタンプカードを発行いたします(平成30年度有効)。1回の参加ごとに1スタンプを押します。スタンプが集まるとオリジナルプレゼントを差し上げます!ぜひ続けてご参加ください!!

3月「縄文土偶づくりにチャレンジ」(平成30年3月18日(日曜日)開催予定)を開催いたします。
3月の参加お申し込みは2月18日(日曜日)より受け付けます。皆様のご参加をお待ちしております。

ご案内

開催日

平成30年2月18日(日曜日)

時間

午前9時30分~12時30分

会場

風土記の丘研修センター・実習室(甲斐風土記の丘・曽根丘陵公園内)

考古博物館から離れています。下記の地図を参考にご来場ください。

参加対象・定員

小学4年生~中学生の子ども・12名とその保護者

子どものお申込みが12名に達した時点で募集を締め切ります。
小学校5年生以下は、子ども一人につき保護者一人の付き添いが必要です。保護者は祖父母等でも構いません。
小学校6年生および中学生は、本人のみの参加ができます。

参加費

無料

持ち物・服装

起こした火で焼いて食べるお芋(お芋の種類は何でも構いません)
汚れてもよい、活動しやすい服装でご参加ください。
また、火気を取り扱いますので、やけどの恐れがある服装はご遠慮ください。

お申込み方法

このものづくり教室は開催済みです。おおぜいの皆さまのご参加ありがとうございました。(平成30年2月18日)

参加には事前にお申込みが必要です。

風土記の丘研修センターへお電話、またはご来館の上、お申込みください。

平成30年1月18日(木曜日)よりお申込みを承ります。定員になり次第、募集をしめきります。

お申込みをされた後、ご都合等によりキャンセルされる場合は、お早めにご連絡くださいますようお願いいたします。

お申込み・お問合せ

風土記の丘研修センター

電話:055-266-5286

受付時間:午前8時30分~午後5時

休館日:毎週月曜日、2月13日(火曜日)
ただし、2月12日(月曜日)は開館いたします。

 

ホーム常設展企画展イベント学校教育利用案内各種申請書アクセスリンク

会場のご案内

会場への経路は下記の地図をご参照ください。考古博物館と風土記の丘研修センターを結ぶ公園内を道路は自動車で通行できません(徒歩での来場は可能です)。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055-266-3881   ファクス番号:055-266-3882

ものづくり教室に関する詳しいお問い合わせは、風土記の丘研修センターまでお願いいたします。
住所:〒400-1507
山梨県甲府市下向山町1271
電話番号:055-266-5286
ファックス番号:055-266-5287

広告スペース

広告掲載について