トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 山梨県立考古博物館 > 平成28年度館長講座「萩原三雄館長が語る考古学研究の最前線」

ここから本文です。

ホーム常設展企画展イベント学校教育利用案内各種申請書アクセスリンク

 

平成28年度館長講座
「萩原三雄館長が語る考古学研究の最前線」

第4回講座以降の開催日が変更となりました。詳しくは下記のご案内をご覧ください。(平成28年12月2日)

 

画像:平成28年度館長講座バナー

 

画像:館長講座の様子1画像:館長講座の様子2

平成27年度館長講座のようす

平成27年度に引き続き、好評をいただいている萩原三雄館長による館長講座を平成28年度も開催いたします。

この館長講座は「考古学研究の最前線」をテーマにした講演会です。

本講座では日本城郭史や日本鉱山史などを研究されている萩原館長が最新の考古学の研究成果をわかりやすくお話しいたします。

今年度は全6回開催いたします。ぜひお聴きください。

ご案内

開催日・テーマ

各回とも午後1時半~3時の講演を予定しております。

詳細につきましては下記のご案内をご覧ください。

講演の内容、日程などは変更となる場合もございます。変更があった場合は、ホームページ等でご案内いたします。

第4回講座は諸事情により開催を延期いたしました。第4回講座の延期に伴い、第4回講座以降の開催日が変更となりました。参加のご検討をしていただいた皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。(平成28年11月24日)

開催日

テーマ

内容

第1回

平成28年

4月23日

(土曜日)

金銀山遺跡の考古学1

~「黒川金山遺跡」と「湯之奧金山遺跡」の発掘調査~

甲州金山の代表格として知られる黒川金山と湯之奥金山から金銀山遺跡の歴史を紐解き、武田氏と甲州金、金山衆(採掘者)とのかかわりについて講演いたします。

第2回

6月18日

(土曜日)

金銀山遺跡の考古学2

~「丹波山金山遺跡」の発掘調査~

長らく実態が不明のままだった丹波山金山遺跡に焦点を当てます。2001年にその所在が確認された後、操業開始が戦国時代に遡ることが確実と考えられるようになった丹波山金山遺跡の発掘調査と、その歴史意義について解説いたします。

第3回

8月20日

(土曜日)

金銀山遺跡の考古学3

~鉱山臼と粉成(こなし)のシステムの研究~

鉱石より金を採取する方法に焦点を当てます。鉱石を粉砕し、汰り分け(ゆりわけ)によって金を採取する粉成(こなし)の仕組みと、粉成の工程に用いられた道具・鉱山臼(こうざんうす)が当時の鉱山運営において果たした役割について解説いたします。

第4回

12月17日

(土曜日)

金銀山遺跡の考古学4

~製精錬の研究(灰吹法・焼金法・溶解)~

金鉱石より金を抽出し製錬する技術─灰吹法(はいふきほう)・焼金法(やききんほう)・溶解─について詳しく解説し、その成立過程を追うとともに、甲州金山最盛期の山梨における金の製精練がいかにしてなされたかを講演いたします。

第5回

平成29年

2月25日

(土曜日)

金銀山遺跡の考古学5

~金付着土器の発見~

古代から中世にかけて金の製精練に用いられたとされる金付着土器に焦点を当てます。金付着土器は近年の発掘調査により各地の遺跡から多数発見されていますが、今回の講座では特に16世紀の戦国期のものに注目し、考古学的見地から金付着土器の持つ意味を読み解きます。

第6回

3月11日

(土曜日)

金銀山遺跡の考古学6

~「甲州金」の成立への技術的過程~

「甲州金」が甲斐国の領国貨幣として成立する過程と、当時の使用事例に焦点を当てます。甲州金山で採掘・製精練された甲州金は、やがて後世の貨幣制度の礎となりました。今回の講座では「甲州金」が通貨として成立する過程を技術的観点から辿るとともに、考古資料に遺された記録から甲州金の「使い道」について解説いたします。

 

講師

画像:萩原三雄館長

山梨県立考古博物館萩原三雄館長

各回のご案内

時間

午後1時30分~午後3時

受付は午後1時より開始いたします。

会場

風土記の丘研修センター・講堂

〒400-1507

住所:山梨県甲府市下向山町1271

考古博物館ではございません。下記の地図を参考にご来場ください。

考古博物館から風土記の丘研修センターまでの案内図(PDF:340KB)

対象・定員

中学生以上の方・100名

受講料

無料

お申し込み

不要

お問い合わせ

山梨県立考古博物館

電話:055-266-3881

 

ホーム常設展企画展イベント学校教育利用案内各種申請書アクセスリンク

会場のご案内

経路は下の地図を参照ください。考古博物館とは離れています。考古博物館から公園内を通って直接自動車で来場することはできません(徒歩での来場は可能です)。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055-266-3881   ファクス番号:055-266-3882

広告スペース

広告掲載について