甲州ワインとは

国際ソムリエ協会会長 田崎真也氏のコメント

国独自の品種が尊ばれる時代にぴったりの甲州ワイン

辛口のピュアなスタイルを主流に、スパークリングワインや濃縮感ある甘口にも優れたタイプがある、多彩な甲州ワイン。これら甲州ワインに共通する味わいの特徴は、なんといってもほろ苦味。私はこれを一種のミネラル感ととらえます。ミネラル感には海由来と、土由来がありますが、甲州ワインのそれはもちろん後者。かつて苦みをどう消すか腐心した時代は終わり、地方ごとの個性が尊重されるようになってきました。以前、甲府盆地の10か所以上の異なる畑から収穫されたワインを一度に試飲したとき明らかな違いを感じたように、甲州ワインも、甲州らしさ、山梨らしさ、その土地らしさを取り入れているのです。

今日、シャルドネ、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロなど国際品種に頼る時代は終わりました。甲州は日本にしかない唯一無二の品種として高い価値を持ち、山梨県産ブドウ品種の甲州ブドウとそれからつくられる甲州ワインに関心を寄せるソムリエも世界中にいます。もちろん今後の甲州の進化には、個人的にも興味を掻き立てられているところです。

国際ソムリエ協会会長 田崎真也氏