甲州ワインとは

甲州ワインの歴史

明治から平成まで国内外の技術と知恵を結集してつくりあげた味

  • 明治
    • 1870年

      甲府の山田宥教と詫間憲久が清酒の醸造技術を応用し、甲州ブドウからワインを生産したが2年後廃業。

    • 1877年

      勝沼に大日本葡萄酒会社が創設。高野正誠と土屋龍憲をワインづくり研修でフランスへ派遣。

  • 昭和
    • 1979年

      勝沼町ワイン原産地認定制度が条例化。

    • 1984年

      食事との相性がよい辛口が求められるようになり、やや甘口のフレッシュ&フルーティからスタイルを転換。シュール・リー製法を用いた最初のワインがリリースされる。

    • 1987年

      勝沼の中小12ワイナリーにより、勝沼ワイナリーズクラブ発足。シュール・リー製法が一般化。

  • 平成
    • 2003年

      ボルドー大学の研究により、甲州ブドウに柑橘系の香りの前駆体(ある物質が生成する前の段階の物質)である3MH(3メルカプト・ヘキサノール)が発見される。

    • 2004年

      カリフォルニア大学デイヴィス校が甲州のDNA鑑定を実施。ヴィティス・ヴィニフェラの系統と判明。

    • 2005年

      アメリカの世界的なワイン評論家、ロバート・パーカーJrが甲州ワインを初評価。

    • 2009年

      山梨県内のワイン生産者15社を中心に、KOJ(Koshu of Japan)が発足。甲州ワインの品質向上と世界進出を目指す。

    • 2010年

      OIV(国際葡萄・ワイン国際機構)が甲州をブドウ品種として登録。同年甲州市原産呼称ワイン認定制度が施行される。