トップ > 観光・魅力 > 観光情報 > 地域通訳案内士の登録申請について

更新日:2018年1月9日

ここから本文です。

地域通訳案内士の登録申請について

地域通訳案内士

通訳案内士法に基づき、山梨県が行う研修を履修し修了した方は、山梨県知事の登録を受け、地域通訳案内士の資格を得ることができます。

新規登録等の申請

新規登録申請

  • 新たに登録申請をする際には、下記の1~7の書類等が必要となります。
  • 申請書類等は、本人が窓口(国際観光交流課)にお持ちください。
    • なお、申請書類等を確認する担当者が不在となることを防止するため、来課する日時を下記連絡先まで事前に電話にてご連絡ください。
  • 来課する際には、本人であることが確認できる書類を持参してください。

1.登録申請書

登録申請書様式(PDF:95KB)

  • 氏名、住所については、フリガナ及び英語を必ず記載してください。
  • 本籍地についても、番地までご記入ください。
  • 生年月日と試験合格年月日には、和暦と西暦の年をご記入ください。
  • 日本国内に住所のある方には、「代理人の氏名等」の欄の記載は不要です。

2.健康診断書

健康診断書様式(PDF:94KB)

《必要な記載事項》

  • 診断を受けた者の氏名、性別、生年月日、年齢
  • 精神機能の障害の有無

「心身ともに健康であること」を証明する診断書となります。

「あり」に該当する場合には、1.病名、2.現に受けている治療の内容、及び3.治療を受けている状態であれば、通訳案内の業務を適正に行うに当たって必要な認知、判断及び意思疎通を適切に行うことができるか否か、また、今後障害の程度が軽減すると見込まれるか否か、を記載してください。

  • 診断年月日
  • 病院、診療所等の名称及び所在地、診断した医師の氏名、押印

健康診断書については、医師法(昭和23年法律第201号)による医師の免許を受けた者による健康診断書としてください。

3.地域通訳案内士養成研修修了証書の原本・コピー1部(平成29年度修了者は地域限定特例通訳案内士養成研修修了証書)

原本は確認後、その場で返却します。

合格後に氏名が変わった場合は、戸籍抄本を添付してください。

4.履歴書

市販の履歴書用紙で結構です。

5.写真2枚

最近6ヶ月以内に撮影した無帽、正面、上半身、無背景で縦3.0センチメートル、横2.5センチメートルのもの

  • いただいた写真のうち、1枚は登録証に貼ります。
  • 裏面にお名前の記入をお願いします。

6.誓約書(地域通訳案内士)

誓約書様式(PDF:101KB)

7.申請手数料

山梨県収入証紙5,100円

山梨県収入証紙の販売場所はこちら

県庁本館地下1階売店でも販売しています。

 

 

登録事項変更届

既に登録を受けている方で、以下に該当する場合は、登録事項変更の届けをしてください。

  • 既に登録済みの方で、その登録内容に変更があった場合(住所変更等)

届け出には、下記の1~5の書類等が必要となります。

届け出書類等は、本人が窓口(国際観光交流課)にお持ちください。

なお、届け出書類等を確認する担当者が不在となることを防止するため、来課する日時を下記連絡先まで事前に電話にてご連絡ください。

来課する際には、本人であることが確認できる書類を持参してください。

1.登録事項変更届出書

登録事項変更届出書様式(PDF:103KB)

2.地域通訳案内士登録証又は地域限定特例通訳案内士登録証

3.写真2枚

最近6月以内に撮影した無帽、正面、上半身、無背景で縦3.0センチメートル、横2.5センチメートルのもの

  • いただいた写真のうち、1枚は登録証に貼ります。
  • 裏面にお名前の記入をお願いします。

4.登録事項の変更が行われたことを証する書類

  • 氏名変更については、戸籍抄本(※)
  • 住所変更については、住民票 (※)

個人番号(マイナンバー)が記載されていないものに限る。

5.申請手数料

山梨県収入証紙4,000円

山梨県収入証紙の販売場所はこちら

県庁本館地下1階売店でも販売しています。

 

 

登録証再交付申請

既に登録を受けている方で、以下に該当する場合は、登録証の再交付申請をしてください。

  • 登録証を紛失・毀損した場合 
  • 平成30年1月4日より前に交付した登録証を現在の登録証に変更したい場合

申請には、下記の1~5の書類等が必要となります。

申請書類等は、本人が窓口(国際観光交流課)にお持ちください。

なお、申請書類等を確認する担当者が不在となることを防止するため、来課する日時を下記連絡先まで事前に電話にてご連絡ください。

来課する際には、本人であることが確認できる書類を持参してください。

1.登録証再交付申請書

登録証再交付申請様式(PDF:93KB)

2.地域通訳案内士登録証又は地域限定特例通訳案内士登録証【紛失の場合を除く】

3.写真2枚

最近6月以内に撮影した無帽、正面、上半身、無背景で縦3.0センチメートル、横2.5センチメートルのもの

  • いただいた写真のうち、1枚は登録証に貼ります。
  • 裏面にお名前の記入をお願いします。

4.地域通訳案内士養成研修修了証書の原本・コピー1部(平成28、29年度修了者は地域限定特例通訳案内士養成研修修了証書)

原本は確認後、その場で返却します。

5.申請手数料

山梨県収入証紙4,000円

山梨県収入証紙の販売場所はこちら

県庁本館地下1階売店でも販売しています。

 

 

登録抹消届

地域通訳案内士を廃業したり、法律に違反し処分を受けたり、地域通訳案内士が死亡した場合は、登録抹消の届けをしてください。

届け出には、下記の1~3の書類等が必要となります。

届け出書類等は、本人又は相続人が窓口(国際観光交流課)にお持ちください。

なお、届け出書類等を確認する担当者が不在となることを防止するため、来課する日時を下記連絡先まで事前に電話にてご連絡ください。

来課する際には、本人であることが確認できる書類を持参してください。(相続人の場合は、本人との続柄が確認できる書類を持参してください。)

1.登録抹消事由届出書

登録抹消事由届出書様式(PDF:92KB)

2.地域通訳案内士登録証又は地域限定特例通訳案内士登録証

3登録抹消事由を証する書面

死亡した場合及び1年以上の懲役又は禁錮又は禁錮の刑に処せられた場合等

 

 

申請等の窓口

申請等は「山梨県観光部国際観光交流課国際観光振興担当」で受付けます。

国際観光交流課は県庁別館の2階です。

受付時間:平日9時~17時まで(12時~13時を除く。)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光部国際観光交流課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1435   ファクス番号:055(223)1438

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について