トップ > 医療・健康・福祉 > 給付・助成制度 > 医療・健康関係 > ピロリ菌除菌治療費の助成について

更新日:2017年7月31日

ここから本文です。

ピロリ菌除菌治療費の助成について

胃がんは日本人に多いがんであり、本県の罹患者数は大腸がんに次いで第2位で、毎年約700人が罹患し、約300人が亡くなっています。

このような中、WHOでは胃がんの8割はヘリコバクター・ピロリ(以下「ピロリ菌」という)の感染が原因で、その除菌により胃がんの発症リスクを3~4割減少できると報告しています。

これを受け県では、胃がんの予防対策を推進するため、ピロリ菌の感染者の除菌を推し進め、胃がんの発症リスクを抑制するため、医療保険の適用されるピロリ菌の除菌治療を実施した場合の自己負担額の一部を助成することとしました。

 1 対象となる治療

 

ピロリ菌の陽性者が行う医療保険の適用を受ける除菌薬による除菌と除菌後の判定検査を実施するまでの一連の治療(保険適用ピロリ菌除菌治療)。

2 助成対象者 

 

次に掲げる要件を全て満たした方。

① 申請時に山梨県内に住所を有している方

② 平成28年4月1日以降に保険適用ピロリ菌除菌治療を開始した方

③ 保険適用ピロリ菌除菌治療の開始の日(除菌薬を受け取った日)の年齢が20歳以上75歳未満の方

3 助成金額

 

保険適用ピロリ菌除菌治療に要した薬剤費の自己負担額(1,000円を限度)と、除菌後の判定検査費の自己負担額(1,000円を限度)。

なお、1回目の保険適用ピロリ菌除菌治療(一次除菌治療)と2回目の保険適用ピロリ菌除菌治療(二次除菌治療)を実施した場合はそれぞれに助成。

4 申請方法

 

申請書に添付書類を添え、郵送または持参してください。(申請書にはご捺印が必要となります)

 

郵送の場合

宛先:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1 山梨県庁 がん担当

※切手の料金不足にご注意ください。

持参の場合

受付窓口:山梨県 健康増進課 がん対策推進担当(県庁本館1階)

受付時間:平日(月曜日から金曜日、祝祭日を除く)

        午前9時~12時、午後1時~4時

添付書類

(1)除菌薬に関する次の書類(薬局から交付されるもの)

領収書の写し

調剤明細書またはお薬手帳の写し

  

※医療機関で除菌薬を交付される場合は、医療機関から発行される以下のもの

領収書の写し

診療明細書の写し

 

(2)除菌後判定検査に関する次の書類(医療機関から交付されるもの)

領収書の写し

診療明細書の写し

 

(3)その他

振込先金融機関の口座の通帳(口座番号、口座名義が確認できるもの)の写し

住所及び生年月日が確認できる証明書(運転免許証など。ただし、マイナンバーの記載のないもの)の写し

※ 持参して申請する場合、は原本を提示すれば、写しは不要

 

(お願い) 1回目の除菌治療の結果により2回目の除菌治療を実施した方は、原則として一度にまとめて申請してください。

 5 申請書等

 

 

 

  ※細線にそって切り取ると、封筒として使えます。必要な方はどうぞご利用ください。

 

6 その他 

 

  • 申請内容を審査した後、「交付決定通知書」もしくは「不承認通知書」を申請者あて郵送します。
  • 他法令等の規定により、国又は地方公共団体の負担による医療に関する給付を受けている方は、本助成を受けられません。

7 お問い合わせ先

 山梨県 福祉保健部 健康増進課 がん対策推進担当   電話番号:055-223-1497

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部健康増進課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1497   ファクス番号:055(223)1499

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について