トップ > 医療・健康・福祉 > 給付・助成制度 > 医療・健康関係 > 山梨県肝炎治療費助成事業について

  • 相談窓口
  • 申請・届出
  • 統計・調査
  • イベント
  • よくある質問
  • 計画

ここから本文です。

更新日:2016年6月13日

山梨県肝炎治療費助成事業について

【注意】治療費助成制度の利用について

B型ウイルス性肝炎又は、C型ウイルス性肝炎の抗ウイルス治療(核酸アナログ製剤治療、インターフェロン治療及びインターフェロンフリー治療)を受ける際に県の治療費助成制度を利用する場合には、保健所への申請が必要となります。かんぞうくん

必ず治療を始める前に住所地を管轄する保健所地域保健課へ申請をお願いします

申請が遅れると治療費の助成が受けられない場合がありますのでご注意下さい。

申請が間に合わない場合には事前に保健所へ御相談下さい。

 

 

診断書を作成する医療機関へのお願い

日頃から、肝炎対策行政に御理解、御協力賜り心より感謝申し上げます。

さて、肝炎治療費助成事業については、平成26年にインターフェロンフリー治療が医療費助成の対象となって以降、大変多くの県民に助成制度を利用いただき、C型肝炎治療が行われているところです。

しかしながら、非常に多くの方から治療費助成の申請があり、毎月の治療費助成認定審査会に諮るための診断書の内容確認や受給者証の交付に係る業務が増大し、受給者証の交付が遅れる事態が危惧されております。

つきましては、申請者へ円滑かつ適切に受給者証を交付し、安心して治療を行っていただくために、診断書の作成につきましては、治療開始日の2週間前までに申請者へ交付いただけますように特段の御配慮を賜りますようお願いいたします。

山梨県肝炎治療助成事業の概要

山梨県では国の肝炎治療特別促進事業に基づき、C型ウイルス性肝炎の根治を目的として行われるインターフェロン治療とインターフェロンフリー治療及びB型ウイルス性肝炎に対して行われる核酸アナログ製剤とインターフェロン治療を行う方について保険診療分の自己負担額の助成を行っています。

認定基準(PDF:13KB)

平成28年6月1日 治療助成事業実施要綱を改正しました。

<主な改正点>

  • 核酸アナログ製剤治療の受給者証交付申請(更新に限る)の際に、医療機関が発行した検査結果書や健康診断結果書等の検査内容が分かる資料や薬剤情報提供書などの治療内容が確認出来る資料を提出することにより、医師の診断書(様式第4号の4)に代えることが可能としました。

 医師の診断書(様式第4号の4)に代えて、申請を行う場合には、様式第4号の4-1の添付資料チェックリストに必要事項を記載し、必要な資料を添えて申請を行ってください。必要な検査結果や治療内容が確認出来ない場合は、受給者証が交付できませんのでご注意ください。

  • 患者の皆様が医療費助成制度を円滑に利用していただくために、診断書の裏面に「診断書の記載に係る注意事項」及び「患者様へお願い」を追加しました。医療機関で診断書を受け取りになられた際には、必ず裏面の記載事項を御確認ください。

 

主な改正点(PDF:13KB)

新旧対照表(PDF:545KB)

改正後の実施要綱(PDF:31KB)

平成27年11月30日の要綱改正

<主な改正点>

平成27年11月26日から、オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル配合剤(以下、「ヴィキラックス配合錠」という。)が保険適用となり、国は「ヴィキラックス配合錠」を医療費助成の対象とし、同日付けで各都道府県あて事務連絡を行いました。

また、国は、インターフェロンフリー治療不成功後のインターフェロンフリー治療に対する助成の開始について、平成27年12月1日以降に治療開始したものについて適用することとし、平成27年11月26日付けで各都道府県あて事務連絡を行いました。

これを受け、県においては、山梨県肝炎治療助成事業実施要綱を一部改正し、インターフェロンフリー治療として、「ヴィキラックス配合錠」による治療を新たに助成対象とするとともに、インターフェロンフリー治療不成功後のインターフェロンフリー治療(過去にインターフェロンフリー治療を受けたことのある方の再治療)に対する助成の開始について、平成27年12月1日以降に治療開始したものについて適用することとしました

なお、「ヴィキラックス配合錠」による治療について、初回治療の場合に限り、平成27年度末日までに受給者証交付の申請をした者について、平成27年11月26日(保険適用日)まで遡及して適用します。また、インターフェロンフリー治療不成功後のインターフェロンフリー治療については、平成27年度末日までに受給者証交付の申請をした者について、平成27年12月1日まで遡及して適用します。

 

主な改正点(PDF:34KB) 新旧対照表(PDF:222KB) 

治療フローチャート(全体)(PDF:21KB) 治療フローチャート(個別)(PDF:28KB)

郵送申請の注意点

1.郵送による申請は、核酸アナロク゛治療の更新申請のみ可能としました。

2.申請書類の郵送に際しては、事故防止のため、簡易書留の利用をお願いします。

3.申請書類に不備等があった場合には、書類を受理できず、時間を要することがあるので、郵送による申請に際しては、有効期限の2ヵ月前までに申請をお願いします。

 

申請・問合せ窓口

肝炎治療費助成の申請方法についてはハ゜ンフレットをご覧いただくか、最寄りの保健所または県健康増進課までお問い合わせください。

ハ゜ンフレット(PDF:29KB)

保健所(担当課名)

電話番号

管轄市町村名

中北保健所(地域保健課)

055-237-1403

甲府市、甲斐市、中央市、昭和町

中北保健所峡北支所(地域保健課)

0551-23-3074

韮崎市、南アルプス市、北杜市

峡東保健所(地域保健課)

0553-20-2752

笛吹市、山梨市、甲州市

峡南保健所(地域保健課)

0556-22-8158

市川三郷町、富士川町、早川町、身延町、南部町

富士・東部保健所(地域保健課)

0555-24-9035

富士吉田市、都留市、大月市、上野原市、富士河口湖町、

西桂町、山中湖村、忍野村、道志村、丹波山村、小菅村

県健康増進課(感染症担当)

055-223-1494

 

問合せ・申請受付時間:平日の午前8時30分から午後5時15分まで

申請書・診断書の様式

必要な申請書や診断書等の様式はこちらでダウンロード出来ます。

申請書や診断書等の様式は、保健所でも配布しております。

山梨県肝炎治療助成事業実施要綱

要綱(PDF:31KB) 様式(ワード:111KB)

山梨県肝炎治療助成事業指定医療機関指定申請書(様式第1号)

PDF版(PDF:172KB)Word版(ワード:75KB)

※遡及して指定を受けたい場合は、次の書類も提出してください。

指定日遡及要望書(PDF版)(PDF:61KB) 指定日遡及要望書(Word版)(ワード:35KB) 

山梨県肝炎治療助成事業指定医療機関記載事項変更届(様式第1号の2)

PDF版(PDF:64KB)Word版(ワード:17KB) 

山梨県肝炎治療助成事業指定医療機関辞退届(様式第1号の3)

PDF版(PDF:65KB)Word版(ワード:16KB) 

市町村民税合算対象除外希望申請書(様式第2号)

PDF版(PDF:103KB)Word版(ワード:73KB)

肝炎治療受給者証交付申請書「インターフェロン治療(新規)、インターフェロンフリー治療及び核酸アナログ製剤治療用」(様式第3号)

※3剤併用療法を含む

PDF版(PDF:22KB)Word版(ワード:94KB) 

肝炎治療受給者証交付申請書「インターフェロン治療2回目用」(様式第3号の2)

PDF版(PDF:21KB)Word版(ワード:93KB) 

肝炎治療受給者証(インターフェロン)の交付申請に関わる診断書「新規用」(様式第4号)

※3剤併用療法は除く

PDF版(PDF:89KB)Word版(ワード:99KB)

肝炎治療受給者証(インターフェロン)の交付申請に係わる診断書「2回目用」(様式第4号の2)

PDF版(PDF:89KB)Word版(ワード:100KB) 

肝炎治療受給者証(核酸アナログ製剤治療)の交付申請に係わる診断書「新規用」(様式第4号の3)

PDF版(PDF:90KB)Word版(ワード:98KB) 

肝炎治療受給者証(核酸アナログ製剤治療)の交付申請に係わる診断書「更新用」(様式第4号の4)

PDF版(PDF:90KB)Word版(ワード:98KB) 

肝炎治療受給者証(核酸アナログ製剤治療)の交付申請に係わる診断書「更新用」に代わる検査内容及び治療内容が分かる添付資料チェックリスト(様式第4号の4-1)

※このチャックリストに必要事項を記入し、検査内容及び治療内容が分かる資料を添付してください。

※検査内容が分かる資料は前回の更新日以降の検査データーであり、結果書の有効期間は6か月間です。

※治療内容確認資料は申請書提出日前6か月以内の資料が必要です。

PDF版(PDF:35KB)Word版(ワード:102KB) 

肝炎治療受給者証(ペグインターフェロン、リバビリン及びプロテアーゼ阻害剤の3剤併用療法)の交付申請に係る診断書(新規)(様式第4号の5)

PDF版(PDF:89KB)Word版(ワード:100KB)

肝炎治療受給者証(ペグインターフェロン、リバビリン及びプロテアーゼ阻害剤の3剤併用療法)の交付申請に係る診断書(再治療)(様式第4号の6)

PDF版(PDF:89KB)Word版(ワード:99KB) 

肝炎治療受給者証(インターフェロンフリー治療)の交付申請に係る診断書(新規)(様式第4号の7)

PDF版(PDF:90KB) Word版(ワード:102KB) 

肝炎治療受給者証(インターフェロンフリー治療)の交付申請に係る診断書(再治療)(様式第4号の8)

PDF版(PDF:90KB) Word版(ワード:105KB)

インターフェロンフリー治療(再治療)に対する意見書(様式第4号の9)

PDF版(PDF:47KB) Word版(ワード:82KB)

肝炎治療受給者証変更交付申請書(様式第8号)

PDF版(PDF:17KB)Word版(ワード:88KB) 

肝炎治療受給者証再交付申請書(様式第9号)

PDF版(PDF:81KB)Word版(ワード:16KB) 

肝炎治療受給者証有効期間延長申請書(様式第10号)

72週治療のための6カ月延長用

PDF版(PDF:204KB)Word版(ワード:28KB)

肝炎治療受給者証有効期間延長申請書(様式第10号の2)

シメプレビルを含む3剤併用療法延長用

PDF版(PDF:234KB)Word版(ワード:29KB) 

肝炎治療受給者証有効期間延長申請書(様式第10号の3)

副作用等が原因による2ヵ月延長用

PDF版(PDF:147KB)Word版(ワード:22KB) 

肝炎治療受給者証返還届(様式第11号)

PDF版(PDF:96KB)Word版(ワード:18KB) 

肝炎治療費請求書(様式第12号)

PDF版(PDF:23KB)Word版(ワード:86KB) 

肝炎治療医療費証明書(様式第13号)

PDF版(PDF:12KB)Word版(ワード:86KB)

 

日本肝臓学会肝臓専門医一覧

日本肝臓学会ホームページ

肝疾患診療連携拠点病院・肝疾患に関する専門医療機関

 

山梨県では、肝疾患診療連携拠点病院(平成20年3月5日指定)及び肝疾患に関する専門医療機関(平成19年11月1日指定)を指定しました。詳しくはファイルをご覧下さい。

肝疾患診療体制(PDF:7KB)

 

ここまで本文です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

関連するよくあるお問い合わせ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部健康増進課 担当:感染症担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1494   ファックス番号:055(223)1499

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 緊急・災害情報
  • やまなし防災ポータル

山梨の魅力

  • イベントカレンダー
  • 広報(広報誌・広報番組・発表資料)
  • よくあるお問い合わせ
  • 各種お問い合わせ

広告スペース

広告掲載について