婚活やまなし > お知らせ > 2018年12月「結婚応援フォーラム」を開催します!

更新日:2018年11月13日

ここから本文です。

2018年12月「結婚応援フォーラム」を開催します!

  「結婚って何だろう? 将来の幸せについて考えましょう。」 

 山梨県では、若者が希望をもって結婚に踏み出せる気運を醸成し、未婚化・晩婚化に歯止めをかけることをめざして、上記のテーマのもと、「結婚応援フォーラム」を開催いたします。本フォーラムでは、社会学・地域社会学に精通した講師による基調講演、また、県内にゆかりの深い著名人が参加するパネルディスカッションを通して、ご来場の皆様とともに結婚・将来の幸せ・活力ある未来等に関して幅広く考える機会を持ちたいと思います。

 希望される方は、どなたでも無料で参加することができます。

 講師やパネリストの方々から、明日への希望や元気を受け取っていただければ幸いです。

結婚応援フォーラムのご案内

結婚応援フォーラムチラシ(PDF:2,276KB)フォーラム1109

◆開催日:平成30年12月16日(日曜日)

 午後2時~午後4時30分(受付午後1時30分)

◆会場:山梨県立文学館 講堂

 (甲府市貢川1丁目5番35号) 

◆フォーラムの内容

(1)婚活・結婚を応援するロゴマーク・キャッチフレーズ受賞者の表彰式

(2)基調講演

 未来の幸せは結婚にアリ~幸せになるための〈戦略的〉結婚論~

 講師:石阪 督規先生(埼玉大学教授)

 1970年東京都町田市生まれ。都留文科大学卒、広島大学大学大学院修了後、三重大学准教授、東京未来大学教授等を経て現職。専攻は社会学・地域社会学。これまで、地域づくり、若者就労支援、NPO支援、男女共同参画などの審議会・委員会の委員を数多く歴任。現在は、山梨県中北地域創生連携会議座長、三重県地方創生会議委員、足立区(東京都)男女共同参画推進委員会会長などを兼務。若者の自立、移住・定住に向けた取り組みを支援するほか、多くの自治体や地域のまちづくり、地域再生に携わる。著書に「ニートを救う地域のネットワーク力」など。 *講演内容については、チラシをご覧ください。

(3)パネルディスカッション

 「結婚ってなんだろう?」

コーディネーター:石阪先生 パネリスト:覚 和歌子氏(作詞家、詩人)、神永 学氏(小説家)、鈴ノ木ユウ氏(漫画家)、渡辺 恵美氏(版画家、画家)*いずれもロゴマーク・キャッチフレーズの審査員を務めていただいた、山梨県出身の著名な方々です。また、柵木 環(本県副知事)も参加する予定です。

 本ディスカッションにおいては、パネリストそれぞれの立場で結婚観を語っていただくことをとおして、ご来場の皆様に将来の幸せや、幸せをつかむための前向きなプロセスとしての婚活・結婚について考えていただく機会にしたいと存じます。ご来場のすべての皆様に、将来への明るい希望や明日への活力が持てるようなディスカッションになると思いますので、どうぞご期待ください。

(4)その他

 1対1のお見合を仲介する「やまなし出会いサポートセンター」の他、県や市町村の結婚支援の取組、出会いイベント等に関するポスター掲示、チラシ紹介等を行います。

フォーラムに参加しませんか?

参加を希望される方であれば、どなたでもご参加いただけます

 希望される方は、どなたでもご参加いただけます。

 参加費用は、無料です。事前に参加のお申し込みをお願いします。 

お申し込み方法

1.下記ボタンをクリックするとお申し込みフォームが開きます。必要事項を入力していただき、送信してください。

申込みフォーム

2.郵送もしくはFAXでお申し込みいただく場合は、参加申込書(PDF:645KB)に必要事項を記入し、下記申込先までお送りください。フォーラムテスト裏

3.Eメールでお申し込みいただく場合は、必要事項をメールに入力し、下記アドレスへ送信してください。

お申し込みは12月14日(金曜日)午後4時まで受け付けています。

申し込み先

〒400-8501 山梨県甲府市丸の内1-6-1(本館2階)

山梨県県民生活部 県民生活・男女参画課 県民生活安全担当

FAX:055-223-1320 メールアドレス:kenmin-skt@pref.yamanashi.lg.jp

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?