トップ > しごと・産業 > 農業・水産業 > 農業生産 > 果樹 > やまなしのワイン原料ぶどう

更新日:2010年2月24日

ここから本文です。

やまなしのワイン原料ぶどう

山梨県は古くからのぶどうの産地で、ぶどうの栽培面積、生産量は日本一を誇ります。

ワインづくりも古くから行われており、フランスなどワイン先進国に学んだ伝統の中に、新しい技術と設備を導入し、ヨーロッパのワインに負けないワインづくりに取り組んできました。

 

山梨県では、現在醸造所が80社以上あり、1,200余りの銘柄ワインが醸造されています。白ワインは、甲州種を中心にシャルドネ、セミヨン、デラウェア、赤ワインはマスカット・ベーリーA、カベルネ・ソーヴィニヨンなどのぶどうを原料として、多様なワインが醸造されています。赤、白、ロゼワイン、フレッシュなワイン、長年貯蔵したワイン、甘口のもの、辛口のもの、軽いもの、重厚なものなど個性豊かなバラエティに富んだワインが山梨の特徴です。

中でも、山梨で昔から作られている甲州種のワインは、日本食にも良く合うワインとして、近年は海外からも注目を浴びています。

 

風土を映すオリジナリティに富むワインづくりを目指して、醸造用ぶどうの新品種育成が山梨県果樹試験場で行われています。

アルモノワール (旧:クリスタルノワール)

クリスタルノワール果房写真

山梨県果樹試験場が開発した赤ワイン専用ぶどう品種。

品質が良好な「カベルネ・ソーヴィニヨン」と耐寒性を有する「ツヴァイゲルトレーベ」を交雑して育成した。

中生で、山梨県における収穫期は9月下旬である。果房重は240g程度、糖度は19%程度で着色は良好である。

寒冷地においても糖度が高く、酸抜けが良いが、西南暖地では糖度が低く、酒色がやや薄い。また、北海道において耐寒性が確認されていることなどから、山梨県内では平坦地はもちろん、既存品種の成熟が困難な冷涼地でも十分に特性を発揮できると考えられる。

ワインは色が濃く、フルーティでタンニンと酸のバランスがとれている。

品種登録されたばかりであるが、ワインメーカーからの期待が大きい。

 

ビジュノワール

ビジュノワールの房

山梨県果樹試験場が開発した赤ワイン専用ぶどう品種。

栽培性に優れる「山梨27号」(甲州三尺×メルロ)とワイン品質の良好な「マルベック」を交雑して育成した。

早生で「メルロ」より早く収穫でき、山梨県における収穫期は9月上旬である。果房重は290g程度、糖度は22%程度と高く、酸抜けがよい。西南暖地においても着色良好との試験結果が出ていることから、県下全域で特性を発揮できると考えられる。

ワインは色が濃く、酸は少ないがタンニンが多く、重厚なボディ(コク)がある。

酒色が濃く、タンニンが非常に多い等の特徴から、ブレンド原料としても期待されている。 

 

 

サンセミヨン

サンセミヨンの房 山梨県果樹試験場が開発した白ワイン専用ぶどう品種。

 栽培性に優れる「笛吹」とワイン品質の良好な「グロー・セミヨン」を交雑して育成した。

 果房重は390gと大きく豊産性であり、糖度も21%と高い。栽培も比較的容易であるが、晩腐病には弱い。

 ワインは香り豊かでフルーティー、ボディもある。県下全域でその特性を発揮できると考えられる。

 

 

 

 

甲斐ノワール

甲斐ノワールの房

山梨県果樹試験場が開発した赤ワイン専用ぶどう品種。

「ブラック・クィーン」を母に、「カベルネ・ソーヴィニヨン」を父として、21年の歳月を経て1991年に誕生した。

晩生で山梨県における収穫期は10月上中旬であり、果房重は300g程度、着色良好で、糖度は19%程度である。

ワインはノワール(仏語で黒)の名のとおり深く美しい濃紅色になり、タンニンと酸がしっかりした重厚な酒質となるが、樽熟成によりさらに高品質のワインとなる。

夜温の高い地域でも比較的着色が良好であり、「マスカット・ベーリーA」よりワイン品質が良好であるため、県内のワインメーカーでも普及し始めている。

 

甲斐ブラン

甲斐ブランの房

山梨県果樹試験場が開発した白ワイン専用ぶどう品種。

「甲州」を母に、「ピノー・ブラン」を父として、22年の歳月を経て1991年に誕生した。

中生で山梨県における収穫期は9月中下旬である。果房重は220g程度、糖度は19%程度である。

比較的栽培が容易であるが、年によってやや花振るいが発生する。

ワインは酸がしっかりしていてフルーティーである。県下全域でその特性を発揮できると考えられる。

 

 

 

 

 

 

ワインの詳しいことについては、山梨県ワイン酒造組合

400-0807甲府市東光寺三丁目13月25日

山梨県地場産業センター内

Tel055-233-7306

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部果樹・6次産業振興課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1602   ファクス番号:055(223)1622

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について