トップ > 医療・健康・福祉 > 相談窓口 > 女性・児童・DV > ドメスティックバイオレンスとは

更新日:2018年3月13日

ここから本文です。

DV(ドメスティック・バイオレンス)とは

配偶者等(配偶者(内縁を含む)、元配偶者、交際相手)から振るわれる「暴力」のことを『DV(ドメスティック・バイオレンス)』と言います。

「殴る、蹴るといった身体的暴力」だけでなく、「大声でどなる、馬鹿にする、無視をするといった精神的暴力」、「性的関係を強要する、避妊に協力しないといった性的暴力」、「生活費を渡さない、借金を重ねるといった経済的暴力」、「家族や友人との付き合いを制限する、電話やメールを細かくチェックするといった社会的暴力」、「子どもの前で暴力を振るう、子どもに危害を加えると言って脅すといった子供を利用した暴力」などもDVです。

暴力は犯罪であり、重大な人権侵害です。どのような理由であっても暴力の責任は加害者にあります。

DVに悩んでいたら、「自分に責任がある。」「私も悪かったから仕方ない。」と一人で我慢せずに、相談しましょう。

配偶者暴力相談支援センター(DVセンター)

DVについての情報はこちら

配偶者暴力根絶シンボルマーク

〔女性相談所メニュー〕

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部女性相談所 
電話番号:055(254)8633   ファクス番号:055(254)8636

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について