文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
ふりがな
表示
音声
読み上げ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 携帯サイト
  • 山梨県ホームページ

ホーム > 山梨県職員の職種について > 各職種の紹介(警察行政職)

ここから本文です。

更新日:2018年6月14日

各職種の紹介(警察行政職)

警察行政職の業務内容

警察行政職員は、警察官のように犯人の逮捕、犯罪の捜査、交通取締りに直接従事することはありません。
経理、庶務、統計、生活安全、交通安全等に関する事務などに従事して警察活動の一翼を担っています。
警察行政職に採用されると、警察本部の各課や県内の各警察署に配属されます。
警察本部では、組織全体を管理しており、組織運営を行う企画、職員採用などを行う人事、車両・制服・拳銃などの管理を行う装備、組織の予算経理・財産管理などを行う会計のほか、職員の福利厚生、情報管理など様々な職務があります。
警察署では、会計係において遺失物と取得物の対応や管理、職員の給与支払い事務、施設の維持管理、物品の調達・管理、交通係において運転免許更新手続や道路使用の許可事務などのほか、様々な係で事務などを行っています。

ページの先頭へ戻る

配属所属・職員数

警察本部(1 室・5 部)・警察学校(1)・警察署(12)
職員数:296 名(平成29 年10 月現在)

ページの先頭へ戻る

異動について

警察官と同様に、異動の周期は、特に決まっているわけではありません。1 年で異動する人もいれば、5 年以上同じ勤務場所で働いている人もいます。
異動により勤務場所だけでなく、職務内容も変わることもあり、能力アップのために、警務、会計、厚生、鑑識、交通などといった、幅広い業務に携わることができます。職員がより良い環境で仕事ができるように、また、職員一人一人が能力を十分発揮できるように様々な資料を基に丁寧に考察しながら行われています。
専門的な知識を有するスペシャリストだけでなく、幅広い能力を備えたゼネラリストなど、魅力ある人材の育成に力を入れています。

ページの先頭へ戻る

警察行政職のやりがい

警察行政職の仕事は、各種警察活動を推進する上で欠くことのできない存在であり、常に正確かつ迅速な対応が求められる重要な仕事です。直接的にしろ、間接的にしろ、県民生活に直結していて、常に新鮮さを感じることができ、何より治安維持という一翼を担うことで、人の役に立つことができる仕事です。

ページの先頭へ戻る

警察行政職をすひとへ

警察組織の全ての部署には必ず警察行政職の仕事があり、その内容は幅広く、多種多様なものとなります。
どの部署においても、事務処理能力はもちろん、広い視野やバランス感覚、危機管理能力など、多くの素質を備えた警察行政職員を求めています。
警察の仕事に興味があり、チャレンジ精神旺盛な方、是非、山梨県警察で一緒に働きましょう。

ページの先頭へ戻る

先輩職員の体験

◆「先輩職員の声」「ある日の業務日誌」は、中堅職員の業務の様子やメッセージが掲載されています。また、「2年目職員の体験談」は、採用2年目を迎えた若手職員からの採用後の様子や感想を見ることができます。是非、参考にしてみてください。

  【ある日の業務日誌】

  平成24年度

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

山梨県人事委員会事務局

住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1

電話番号:055(223)1821

ファックス番号:055(223)1819