トップ > 県議会 > 定例会・臨時会情報 > 可決された意見書・決議(平成30年9月定例会)

更新日:2018年10月5日

ここから本文です。

可決された意見書・決議(平成30年9月定例会)

議第13号

議第13号

 

「ライドシェア」と称する白ナンバーでのタクシー類似行為を容認する規制改革の自粛を求める意見書

 

 現在、新経済連盟が政府の規制改革推進会議、未来投資会議、国家戦略特区諮問会議、IT総合戦略本部に対し、繰り返し提案している「ライドシェア」と称する白ナンバーでのタクシー類似行為(以下「ライドシェアと称する白タク行為」という。)については、道路運送法で禁止されてきた、いわゆる「白タク行為」を合法化するものであり、運行管理や車両整備等について、責任を負う主体を置かずに自家用自動車の運転者のみが運送責任を負う形態となり、安全の確保や利用者の保護等の観点から大きな問題が生ずることが懸念される。

これら多くの問題点を有するライドシェアと称する白タク行為が無秩序に地域で展開されれば、結果的に利用者の安全・安心が担保されない事態が常態化する恐れがあるとともに、タクシー事業ばかりでなく、路線バスや鉄道を含めた地域公共交通の存立が危機に陥り、ひいては地域経済に深刻な影響を与えかねない。

特にタクシー事業は、高齢者や障害者等の交通弱者にとって、介護や通院、買い物など、日常生活に欠かせないきめ細かなドア・ツー・ドアの公共交通機関であり、県民にとっても安全・安心かつ快適・便利な交通機関として、社会生活や地域の経済活動を支える重要な役割を担っており、今後、少子高齢化が一層進む中、地域における重要性はますます高まることが予想される。

「世界一」のサービスと安全・安心を誇る日本のタクシー事業を鑑みれば、ライドシェアを検討するのではなく、国際的にも良質で安全なタクシーをこれからも守っていくことが肝要である。

よって、国及び政府においては、次の事項を実現するよう強く要望する。

 

1 県民の安全・安心に極めて大きな懸念のあるライドシェアと称する白タク行為の検討については、慎重に対応すること。

2 地域の公共交通の役割を担っているタクシー事業が、より安全・安心で快適・便利な交通機関として利用者にサービスが提供できるよう、諸施策を講ずること。

 

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 

平成30年10月5日                                山梨県議会議長  

提出先

衆議院議長  参議院議長

内閣総理大臣  総務大臣

財務大臣  文部科学大臣

                                提出者  山梨県議会議員

                                       臼井成夫  中村正則  皆川 巖

                                       浅川力三  大柴邦彦  望月利樹

                                       早川 浩  土橋 亨  飯島 修

 

 議第14号

議第14号 

 

私学助成の充実強化等に関する意見書

 

 本県の私立学校(高等学校、中学校、小学校及び幼稚園)は、おのおの建学の精神に基づき、特色ある教育を積極的に展開し、公教育の発展に寄与している。

 現在、我が国は、人口減少社会を迎えており、その中で、今後とも持続的な成長を維持するためには、将来を担う子供たちに、社会の変化に対応できる知識や能力を身につけさせることが最重要かつ喫緊の課題であり、各私立学校は国の進める教育改革に、的確に対応していくことが求められている。

 しかし、各私立学校とも財政的に限界がある上に、事実上無償化されている公立高等学校との学納金の負担格差のもとでは、授業料の改定もままならず、一層厳しい局面に立たされている。

 我が国の将来を担う子供たちの教育環境の整備については、公教育の一翼を担う私立学校に対する助成措置の拡充が不可欠であり、このことは、各都道府県が所管する事項とはいえ、我が国の将来の発展に密接不可分の関係にある教育の振興に関する事柄であり、国の全面的な財政支援が求められている。

よって、国においては、私立高等学校等の教育の重要性を認識し、教育基本法第8条の「私立学校教育の振興」を名実ともに確立するため、私学助成に係る国庫補助制度を堅持し、より一層の充実を図るよう強く要望する。

 

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 

平成30年10月5日 

                                                                       山梨県議会議長

提出先

衆議院議長  参議院議長

内閣総理大臣  総務大臣

財務大臣

                                     提出者  山梨県議会議員

 

                                      臼井成夫  中村正則  皆川 巖

                                      浅川力三  大柴邦彦  望月利樹

                                      早川 浩  土橋 亨  飯島 修

 

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県議会事務局 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1812   ファクス番号:055(223)1817

広告スペース

広告掲載について