トップ > 県議会 > 最近可決された意見書・決議 > 可決された意見書・決議(平成29年6月定例会)

更新日:2017年7月6日

ここから本文です。

可決された意見書・決議(平成29年6月定例会)

 

 議第8号

議第8号

 

30人以下学級実現、義務教育費国庫負担制度拡充を図るための意見書

平成23年、公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律が改正され、小学校1年生の学級編制の標準が引き下げられ、基礎定数化が図られた。今後は上級学年への順次拡大など、着実な実行が重要である。

日本はOECD諸国に比べて1学級当たりの児童生徒数が多く、また、改訂された学習指導要領等では、授業時数や指導内容が増加するなど生徒指導面の課題が深刻化し、一人一人の子供に丁寧な対応を行うためには、学級規模を引き下げる必要があり、本県の「はぐくみプラン」のように、地方が独自に実施する少人数学級は高く評価されている。

一方、「三位一体改革」の中で義務教育費国庫負担制度の国負担割合が2分の1から3分の1に引き下げられ、自治体財政を圧迫している。

さらに、子供たちが全国で一定水準の教育を受けられることや豊かな子供の学びを保障するための条件整備は不可欠である。

よって、国においては、次の事項の実現のため適切な措置を早急に講じられるよう強く要望する。 

  1. 少人数学級を推進すること。具体的学級規模は、OECD諸国並みの豊かな教育環境を整備するため30人以下とすること。
  2. 教育の機会均等と水準の維持向上を図るため、義務教育費国庫負担制度の堅持とともに国負担割合を2分の1に復元すること。
  3. 教育条件の格差解消を図るため、地方交付税を含む国における教育予算を拡充すること。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 

平成29年7月6日

                                                                                                          山梨県議会議長

提出先

衆議院議長 参議院議長

内閣総理大臣 総務大臣

財務大臣 文部科学大臣

内閣官房長官

                                                                                                           提出者 山梨県議会議員

                                                                                                         臼井成夫 中村正則 皆川 巖

                                                                                                         浅川力三 白壁賢一 大柴邦彦

                                                                                                         久保田松幸 望月利樹 土橋 亨

                                                                                                         飯島 修

 議第9号

議第9号

 

ギャンブル依存症の対策に関する意見書

 

ギャンブル依存症は、金銭面・人間関係・仕事・家庭が破綻し、結果的に、多重債務や窃盗等の犯罪などの問題行動を引き起こし、さらに当事者等は病識がなく、なかなか治療に結び付いていない。一方、社会においては、病気への認知や理解が進まず、自己責任論で片づけられ、社会的孤立状態に追い込まれていく。

国内における、2014年のギャンブル依存症者は536万人と推計されているが、ギャンブル依存症専門の回復施設はわずか5カ所で、施設の運営も民間団体が限られた資金の中で行うなど、対策がほとんど取られていない。

昨年12月にカジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)整備推進法が成立し、カジノの運営基準などを定めるIR実施法案の準備も進んでいる中、国、地方自治体が予防教育や啓発活動をはじめ、回復プログラムや治療施設の整備などのギャンブル依存症対策に取り組む体制や仕組みづくりを推進するとともに、IRによる収益等の一部をギャンブル依存症対策に充てることが必要である。

よって、国においては、ギャンブル依存に悩む当事者や家族に対して、ギャンブルによる収益の一部を依存症対策費に充当するなどし、予防を含む回復に向けた十分なギャンブル依存症対策を講ずることを強く要望する。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 

平成29年7月6日 

                                                                                                    山梨県議会議長

提出先

衆議院議長 参議院議長

内閣総理大臣 総務大臣

財務大臣 文部科学大臣 

厚生労働大臣 内閣官房長官

 

                                                                                                      提出者 山梨県議会議員

                                                                                                          臼井成夫 中村正則 皆川 巖

                                                                                                        浅川力三 白壁賢一 大柴邦彦

                                                                                                        久保田松幸 望月利樹 土橋 亨

                                                                                                        飯島 修 

 

 議第10号

議第10号

 

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会仮設施設への県産認証材の利用拡大を求める意見書

 

 

国内の林業・木材産業はこれまで、長期にわたる林業産出額や所得の減少、森林所有者の経営意欲の低迷など厳しい状況に置かれてきた。

そうした中、戦後造成された人工林は木材として利用可能な時期を迎え、この貴重な資源を有効に活用することにより林業・木材産業の成長産業化を早期に実現することが重要な課題となっている。

一方、東京オリンピック・パラリンピックでは、競技施設等へ木材を積極的に利用することとされ、また、大会組織委員会の木材調達基準では持続可能性に配慮した国産の森林管理認証材や合法木材の優先的な利用が定められており、大会を契機とした地域の林業・木材産業の活性化が期待されるところである。

本県は、県土の約8割を森林が占める森林県で、そのうち約半分を占める県有林は国際的な森林認証制度であるFSC森林管理認証を取得しており、その認証面積は全国1位の14万3千ヘクタールを有している。

このため東京オリンピック・パラリンピックの開催を県産材のブランド化・販路拡大を推進するための絶好の機会であると考え、大会施設等への県産FSC認証材の利活用に向け意欲的に取り組んでいるところである。

そこで、国において、今後整備が本格化する東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会仮設施設に県内で生産された森林管理認証材を積極的に活用することを強く要望する。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 

平成29年7月6日

                                                                                                             山梨県議会議長

提出先

衆議院議長 参議院議長

内閣総理大臣 財務大臣

農林水産大臣 内閣官房長官

東京オリンピック競技大会・パラリンピック競技大会担当大臣

  

                                                                                                         提出者 山梨県議会議員

                                                                                                           臼井成夫 中村正則 皆川 巖

                                                                                                             浅川力三 白壁賢一 大柴邦彦

                                                                                                             久保田松幸 望月利樹 土橋 亨

                                                                                                             飯島 修

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県議会事務局 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1812   ファクス番号:055(223)1817

広告スペース

広告掲載について