更新日:2013年8月1日

ここから本文です。

平成25年6月定例会(総括)

 六月定例会の概要

平成二十五年六月定例県議会は、六月六日から六月十九日までの十四日間の日程で開かれました。
 開会日には一般会計補正予算案などが提出され、横内正明知事は提案理由説明の中で、富士山の世界文化遺産登録後の登山者増に対応するための安全対策を早急に検討することや国際記念物遺跡会議(イコモス)に報告する保全対策について、国や静岡県と連携して対応する方針を示しました。また、雇用環境の改善を目指して本県独自の雇用奨励金制度を創設することなども明らかにしました。
 さらに、十一日には、山梨県職員の給与等の臨時特例に関する条例案が追加提案されました。知事の説明を受けて、六月十一日から十三日までの三日間、代表・一般質問が行われました。代表質問には自民党・県民クラブの浅川力三氏、創明会の前島茂松氏、フォーラム未来の土橋亨氏が登壇。一般質問には石井脩德、白壁賢一、塩澤浩(いずれも自民党・県民クラブ)、山下政樹、齋藤公夫(いずれも創明会)の各氏が登壇しました。(詳細は二~四面)
 六月十四日には、総務、教育厚生、農政産業観光、土木森林環境の四常任委員会が開かれ、付託議案、所管事項の審査を行い、加えて十七日には、各常任委員会において、県が出資している法人の経営状況について審査を行いました。(詳細は四面)
 定例会最終日の六月十九日には、総額八億八百七十九万八千円の一般会計補正予算案や県議会議員報酬の特例減額を新たな率で行うための関係条例改正案など二十案件を可決、承認しました。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県議会事務局 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1812   ファクス番号:055(223)1817

広告スペース

広告掲載について