更新日:2016年1月19日

ここから本文です。

 山梨の文化財ガイド(データベース)史跡01

 [目次〕

「山梨の文化財ガイド」ホームへ

次へ

 

 

 

 SHI0001

国指定 史跡

武田氏館跡

  • 武田氏館跡

たけだしやかたあと / 昭和13年5月30日指定 / 甲府市古府中町・武田神社 / 甲府市及び武田神社

別名を躑躅ヶ崎館(つつじがさきやかた)ともいう。甲斐の守護武田信虎が永正16年(1519)に館を築き、信玄、勝頼のいわゆる武田三代が63年間居館とした。館跡の規模は東西284m、南北193mで、東・中・西曲輪に分かれていたが、東・中曲輪は武田神社造営時に土塁が取り払われた。史跡の範囲内には壕外の諸曲輪や武将屋敷跡がある。

武田氏館跡の位置図←こちらをクリックで地図がご覧いただけます。

 SHI0002

国指定 史跡

銚子塚古墳附丸山塚古墳

  • 銚子塚古墳 附丸山塚古墳

ちょうしづかこふん つけたりまるやまづかこふん / 昭和5年2月28日指定 / 甲府市下曽根町 / 山梨県

銚子塚古墳

4世紀後半の前方後円墳。全長169mで東日本最大級である。後円部に竪穴式石室(埋葬施設)があり、昭和初期に鏡や勾玉など多くの副葬品が出土し、現在は東京国立博物館に所蔵されている。

丸山塚古墳

5世紀初め頃の円墳。直径72m、高さ11m。竪穴式石室から鏡や鉄剣などが出土している。

銚子塚古墳附丸山塚古墳の位置図←こちらをクリックで地図がご覧いただけます。

指定地のうち、銚子塚古墳の位置を示しています。

 SHI0004

国指定 史跡

要害山

  • 要害山

ようがいさん / 平成3年3月30日指定 / 甲府市上積翠寺町 / 甲府市

別名要害城、積翠寺城、要害山城という。永正17年(1520)に武田信虎が武田氏館北方の詰城として築城を開始したとされている。標高775m。土塁や竪堀が残り、土塁基底部や曲輪縁辺部、虎口などに低い石積みが認められる。

要害山の位置図←こちらをクリックで地図がご覧いただけます。

 SHI0006

国指定 史跡

新府城跡

  • 新府城跡

しんぷじょうあと / 昭和48年7月21日指定 / 韮崎市中田町中条上野城山 / 韮崎市

武田勝頼が天正9年(1581)に築城し、天正10年(1582)までの70日間居城したとされる。甲府の古府中(武田氏館)に対し新府と称した。平山城で堀、土塁が現在も良く残る。北側の堀の中には出構が東・西2箇所にあり、この城の特徴となっている。

新府城跡の位置図←こちらをクリックで地図がご覧いただけます。

 

 SHI0007

国指定 史跡

白山城跡

  • 白山城跡

はくさんじょうあと / 平成13年1月29日指定 / 韮崎市神山町鍋山字城山 / 韮崎市

鍋山の山頂にあるため別名鍋山の砦という。甲斐武田氏の先祖である武田信義(12世紀)の館跡とされる場所が鍋山の麓にあり、その詰城として築かれたものと言われている。北側に北烽火台、南側にムク台と呼ばれる烽火台がある。現在も土塁や竪堀が残っている。

白山城跡の位置図←こちらをクリックで地図がご覧いただけます。

指定地のうち、白山城の位置を示しています。

 

 SHI0009

国指定 史跡

勝沼氏館跡

  • 勝沼氏館跡

かつぬましやかたあと / 昭和56年5月28日指定 / 甲州市勝沼町勝沼字御所 / 甲州市

甲斐の守護武田信虎の弟、次郎五郎信友(14~15世紀)により興された勝沼氏の居館跡。信友とその嫡子信元が信玄に処断されるまでの二代にわたる居館と考えられている。内郭と外郭によって構成され、一部が復元整備され、公開されている。

勝沼氏館跡の位置図←こちらをクリックで地図がご覧いただけます。

 

 SHI0010

国指定 史跡

甲斐金山遺跡

  • 甲斐金山遺跡(黒川金山、中山金山)

かいきんざんいせき(くろかわきんざん、なかやまきんざん) / 平9年9月2日指定 / 甲州市(黒川金山)・身延町(中山金山) / 甲州市(黒川金山)・身延町(中山金山)

甲斐国を代表する金鉱山遺跡。甲州市にある黒川金山と身延町にある湯之奥金山の一つ中山金山が史跡指定されている。黒川金山は15世紀末から17世紀、中山金山は16世紀前後から17世紀末まで操業されたと考えらており、坑道や作業場などの遺構が良好に残っている。

黒川金山の位置図←こちらをクリックで地図がご覧いただけます。

中山金山の位置図←こちらをクリックで地図がご覧いただけます。

 SHI0011

国指定 史跡

金生遺跡

  • 金生遺跡

きんせいいせき / 昭和58年2月7日指定 / 北杜市大泉町谷戸 / 北杜市

山梨県の北西部、八ヶ岳南麓の標高約770mにある縄文時代後・晩期の集落跡である。石組の墓と祭祀遺構の集合体である大規模な配石遺構を伴っていることが大きな特徴である。史跡整備が行われ、草葺きの竪穴住居などが復元公開されている。

金生遺跡の位置図←こちらをクリックで地図がご覧いただけます。

  

次へ

 

 

 

 

このページのトップへ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会教育庁学術文化財課 
住所:〒400-8504 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1790   ファクス番号:055(223)1793

広告スペース

広告掲載について