トップ > くらし・防災 > 文化芸術 > 文化財 > 銃砲刀剣類の登録について

更新日:2018年3月23日

ここから本文です。

銃砲刀剣類の登録について

銃砲刀剣類の所持は「銃砲刀剣類所持等取締法」により、原則として禁止されていますが、美術品もしくは骨董品として価値のある古式銃砲又は美術品として価値のある刀剣類については、登録することにより所持することができます。

1.登録の手続き

1.銃砲刀剣類の発見 2.最寄りの警察署に銃砲刀剣類の発見の届け出 3.刀剣類発見届出済証の交付

4.鑑定日の通知 5.登録申請 6.登録審査 7.登録証の交付

2.登録対象となる銃砲刀剣類

(1)古式銃砲

  1. 火縄式銃砲
  2. 火打ち石式銃砲
  3. 管打ち式銃砲
  4. 紙薬包式銃砲
  5. ピン打ち式銃砲
  6. 前各号に準ずる銃砲

以上の形式の古式銃砲であって、次の条件を満たすものが登録の対象となります。

  • 日本製銃砲おおむね慶応三年以前に製造されたもの
  • 外国製銃砲おおむね慶応三年以前に我が国に伝来したもの

(2)刀剣類

対象となる刀剣類は、日本刀です。日本刀とは、武用または鑑賞用として、伝統的な製作方法によって鍛錬し、焼き入れを施したものです。日本刀制作の工程を経て製作されたやり・なぎなた・ほこ等も含まれます。原則として刃渡り15センチメートル以上のものが対象です。

 3.登録審査について

1.名称

銃砲刀剣類登録審査会

2.平成30年度の審査会の予定(計6回)

(ア)審査予定日

第1回5月14日(月曜日)、第2回7月2日(月曜日)、

第3回9月10日(月曜日)、第4回11月12日(月曜日)、

第5回1月15日(火曜日)、第6回2月25日(月曜日)

(イ)受付時間 通常 13時30分~

(ウ)会場 防災新館4階406会議室

3.登録手数料

(ア)交付手数料6,300円

(イ)再交付手数料3,500円

(ウ)製作承認手数料800円

 4.その他

(1)所有者変更について

相続や譲受により新たに銃砲刀剣類の所有者になられた方は、登録証の登録都道府県名をご確認の上、登録されている教育委員会に下の様式「所有者変更届出書」(山梨県以外の登録の場合は、「山梨県」を当該都道府県名に訂正してください)と登録証のカラーコピー1枚を20日以内に提出してください。

  • 書式をダウンロードする

(2)登録証の再交付について

登録証を紛失・滅失した場合、登録証がないまま銃砲刀剣類を所持できませんので、すみやかに登録証の発行都道府県教育委員会に連絡し、再交付の手続きをとってください。登録証の発行都道府県が不明のときは、居住地の都道府県教育委員会に連絡してください。

(3)登録証の内容の確認について

登録証を手元に用意の上、登録証発行都道府県教育委員会に連絡して登録証の内容確認をしてください。

(4)銃砲刀剣類の廃棄について

廃棄したい銃砲刀剣類とともに登録証を持参の上、所轄警察署で廃棄手続きを行ってください。登録証は所轄警察署から登録証発行教育委員会に送付されます。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会教育庁学術文化財課 担当:文化財保護担当
住所:〒400-8504 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1792   ファクス番号:055(223)1793

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について