更新日:2016年3月28日

ここから本文です。

 山梨の文化財ガイド(データベース)絵画01

[目次]

 

「山梨の文化財ガイド」ホームへ

次へ

 

 

 

 

 P0004

国指定 重要文化財 絵画

イメージ無しのアイコン

  • 絹本墨画松梅図

けんぽんぼくがしょうばいず / 昭和30年6月22日 / 甲府市古府中町 / 大泉寺

中国元時代の呉太素(約620年前)の筆で、わが国に現存する彼の唯一の作品。やや荒い絹地に右上方より斜下にかけて梅の主枝を描き、その両翼ほぼ全画面に樹枝をのばして梅花をつけ、なお画面の上部に松枝を配した図柄である。

 P0006

国指定 重要文化財 絵画

イメージ無しのアイコン

  • 絹本著色釈迦三尊十八羅漢図

けんぽんちゃくしょくしゃかさんぞんじゅうはちらかんず / 平成22年6月29日 / 甲府市太田町 / 一蓮寺

釈迦三尊を表した中幅と、それぞれ9体の羅漢を山水中に描く左右幅との三幅からなる作品であり、鎌倉時代における中国仏画の受容の様相を如実に伝える貴重な作品である。

 P0008

国指定 重要文化財 絵画

紙本淡彩陶道明聴松図

  • 紙本淡彩陶道明聴松図

しほんたんさいとうどうみょうちょうしょうず / 昭和24年2月18日 / 笛吹市御坂町成田 / 山梨県・山梨県立博物館

建仁寺の禅僧天与清啓による嘉吉2年(1442)の賛がある。陶道明(実は陶弘景)は、中国の学者で山中に隠棲し、三層楼の書斎で仙薬を作り、松籟を聞いて過ごしたという。本図はその様子を絵画と漢詩で表現している。

 

次へ

 

 

 

 

このページのトップへ

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会教育庁学術文化財課 
住所:〒400-8504 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1790   ファクス番号:055(223)1793

広告スペース

広告掲載について