認知症高齢者を支援するページバナー 戻るボタン ホームへ戻る 大きく 標準 小さく 山梨県 長寿社会課
認知症相談窓口の検索
スペース
コンテンツ
1
認知症を早期発見しましょう
認知症はきちんと診断して治療をしましょう
認知症の人とどのように接したらよいでしょう
認知症を予防するにはどうすればよいのでしょうか
認知症を予防するにはどうすればよいのでしょうか
高齢者の尊厳を支える社会づくり
 
介護者のための5か条

  ①はずかしがらない、隠さないようにしましょう
  認知症になるのは、その人の性格や生き方が悪かったためではありません。
認知症は老いの一つの形であり、病気なのです。
まず、認知症という事実を受け止めて、近所の人など、周囲の人の協力を得ましょう。

  ②自分も、相手も大切にしましょう イメージ
 

認知症の高齢者の対して、親身になって介護をすることは素晴らしいことです。

しかし、完璧な介護というものはありません。

介護者自身の生活も大切にすることを忘れずに。
  ③友達をつくりましょう
 
家族の会に、ぜひ参加してみましょう。
体験談を話し合ったり、自分と同じようなことでみんな悩んでいるんだということが実感でき、大変励まされます。

交流会・研修会のお知らせ

  〔問い合わせ先〕
○○認知症の人と家族の会山梨県支部 055-227-6040
○○認知症の人と家族の会山梨県支部・地域会一覧
○○県長寿社会課 055-223-1450

認知症介護講座のご案内

  〔問い合わせ先〕
○○県立介護実習普及センター 055-254-8680

  ④公的サービスを利用しましょう
  介護の悩みは、ぜひ市町村窓口等に相談しましょう。
デイケア、ショートステイなどを活用して、介護者も息抜きを。

イメージ

《 老人福祉施設について 》

老人福祉施設等の概要と施設一覧
山梨県介護サービス情報公表システム
県内介護サービス事業所が、サービス内容及び運営状況に関する情報を公表します。

《 認知症高齢者グループホームについて 》

認知症高齢者グループホーム一覧

これらのサービスに関してのご質問・ご利用については、最寄りの地域包括支援センターにお問い合わせください。

  ⑤気軽に相談できるかかりつけ医を持ちましょう イメージ
 



定期健診や往診に応じてくれるかかりつけ医を持つことが大切です。
そのほか、市町村の保健師、訪問看護師、ホームヘルパー、ケアマネージャーなどに気軽に相談してみましょう。

《 医療機関 》

認知症疾患医療センター
認知症サポート医
認知症関係の専門外来等
かかりつけ医

《 市町村の相談窓口 》

市町村地域包括支援センター
市町村高齢者福祉担当窓口
市町村保健センター