認知症高齢者を支援するページバナー 戻るボタン ホームへ戻る 大きく 標準 小さく 山梨県 長寿社会課
認知症相談窓口の検索
スペース
コンテンツ
1
認知症を早期発見しましょう
認知症はきちんと診断して治療をしましょう
認知症の人とどのように接したらよいでしょう
認知症を予防するにはどうすればよいのでしょうか
認知症を予防するにはどうすればよいのでしょうか
高齢者の尊厳を支える社会づくり
 

認知症を防ぐために日頃からできること


脳の老化のスピードには個人差があります。これは、その人の生活習慣と老化が密接にかかわっているからです。
最近の研究では、脳血管性認知症だけでなく、アルツハイマー型認知症の場合も、生活習慣を改善することで発症を遅らせることができるとわかってきました。

脳を活発に動かしましょう
積極的に脳に刺激を与え、前向きに生きることは認知症を予防し、人生を彩り豊かにします。 イメージ

新聞や読書、テレビやラジオなどから、ひろく情報を得るようにしましょう。

日記など文章を書いてみましょう。
子や孫のために自分史をまとめてみましょう。

いろいろな会合や無尽に出てみましょう。
異性とも意識して話してみましょう。

おしゃれに気を使ってみましょう。
たまには思いきった色の服を着てみましょう

生活習慣を見直しましょう

定期健診を受け、血圧やコレステロール値に注意を払い、異常があったら早めに治療しましょう。
イメージ

良質のタンパク質や野菜、豆類、海藻類などを十分にとり、栄養バランスのよい食事を心がけましょう。

動物性脂肪や食塩をとりすぎると、高血圧や動脈硬化などの原因になり、脳血管性認知症の引き金になります。

禁煙を実行し、お酒の飲みすぎに注意しましょう。

適度な運動をしましょう。

ストレスの解消に努めましょう。

生活のリズムを整えましょう。
運動不足は脳の大敵 血流量が下がる-全身の血液循環がわるくなる。もちろん脳も。 転びやすい-足腰が弱って転びやすくなる、老化は足から。 肥満-エネルギーを使わず、コレステロール過多に。

自分の生きがいや楽しみな活動を実践しましょう
自分の好きなことを好きなようにすることが最高の老化予防であるという研究者もいます。気持を前向きに、積極的に楽しいことを見つけて実践していきましょう。 イメージ

心から楽しめることを実践しましょう。
若い頃、やりたいと思っていて出来なかった習い事など、今からでもやってみましょう。
人に喜ばれることをしてみましょう。
始めるのに遅すぎるということはありません。
新たなことにチャレンジしてみましょう。
料理なども工夫してつくってみたり、みんなで食べるなど、楽しみの機会を作りましょう。
外に出て人と会いましょう
散歩に出たり、近所の人や友人と会ったりすると、気分がリフレッシュし生活にもはりが生まれます。