トップ > 観光・魅力 > 観光情報 > 富士山の日

更新日:2017年1月19日

ここから本文です。

「富士山の日」フェスタ2017の開催について

山梨・静岡両県共催により、富士山の後世継承に向けた運動を全国に広げていくため、関係者が一堂に会した「富士山の日」フェスタ2017を開催いたします。

 

  • 日時:平成29年2月23日(木曜日) 14時00分 ~ 16時00分
  • 場所:日本平ホテル(静岡市内)
  • 内容:各県ビデオ紹介、静岡県舞台芸術センター(SPAC)による竹取物語『かぐや姫、霊峰に帰る』公演、パネルディスカッションなど

 

富士山の日【2017年のイベント・施設利用特典について】

山梨県では、富士山の豊かな自然及び美しい景観並びに富士山に関する歴史及び文化を後世に引き継ぐことを期する日として、2月23日を「富士山の日」としています。

皆様も、富士山の日の目的を御理解いただき、富士山の豊かな自然、文化等を後世に継承できるよう御協力をお願いいたします。

2月23日の「富士山の日」を中心として、各種イベントが開催されます。入館無料やプレゼント等の特典を用意している施設もありますので、是非、御参加ください。

 

「富士山の日」関連イベントガイド(PDF:5,034KB)

イベントガイド表紙

 

山梨県富士山の日条例の制定

平成10年11月に、山梨県は、富士山の豊かな自然や美しい景観について、その保護と適正な利用により後世に引き継ぐため、静岡県とともに富士山憲章を制定し、その普及定着を図る運動を推進してきました。

富士山の自然、景観及び歴史・文化を後世に引き継ぐための運動をなお一層推進するとともに、富士山の世界文化遺産登録の実現に向けて、静岡県、認定NPO法人富士山を世界遺産にする国民会議等と連携し、国民運動を盛り上げるため、山梨県富士山の日条例を制定することとしました。

 

 

富士山憲章について富士山憲章(PDF:46KB)

 

 

条例の内容

山梨県富士山の日条例

平成23年12月22日山梨県条例第55号

(目的)

日本の象徴である富士山について、県民が、理解と関心を深め、その恵みに感謝し、愛する心を育むとともに、その保護及び適正な利用を図ることにより、富士山の豊かな自然及び美しい景観並びに富士山に関する歴史及び文化を後世に引き継ぐことを期する日として、富士山の日を設ける。(第1条)

(富士山の日)

富士山の日は、2月23日とする。(第2条)

(県の責務)

県は、市町村その他の団体と連携を図りつつ、富士山の日の趣旨にのっとり、富士山を後世に引き継ぐための取組を行うものとする。(第3条)

(県民の協力)

県民は、前条の取組に協力するよう努めるものとする。(第4条)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部世界遺産富士山課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1316   ファクス番号:055(223)1781

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について