ここから本文です。

世界遺産富士山包括的保存管理計画

2013年(平成25年)6月の世界遺産一覧表への記載にあたり、ユネスコ世界遺産委員会から、資産を「ひとつの存在(an entity)」として一体的に管理するとともに、「ひとつの文化的景観(a cultural landscape)」として管理するために、管理の方法・体系(システム)を運営可能な状態にするよう勧告がありました。

そのため、文化庁、環境省、林野庁、山梨・静岡両県、地元関係市町村等は、2013年(平成25年)イコモス評価書及び第37回世界遺産委員会決議の内容等を踏まえ、2014年(平成26年)12月に富士山世界文化遺産協議会が採択したヴィジョン・各種戦略の内容にも十分留意し、富士山の保存管理の一層の推進を図る観点から、2016年(平成28年)1月に既存の計画の改定を行いました。

包括的保存管理計画(本冊)(PDF:9,905KB)

包括的保存管理計画(分冊1)(PDF:5,995KB)

包括的保存管理計画(分冊2)(PDF:609KB)

包括的保存管理計画(分冊3)(PDF:678KB)

包括的保存管理計画(分冊4)(PDF:57KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部世界遺産富士山課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1330   ファクス番号:055(223)1781

広告スペース

広告掲載について