トップ > 各種お問い合わせ > よくあるお問い合わせ > 商工業 > 工業所有権(特許権・実用新案権・意匠権・商標権)とは

更新日:2009年4月15日

ここから本文です。

工業所有権(特許権・実用新案権・意匠権・商標権)とは

ご質問

工業所有権とは何か。

回答

特許権、実用新案権、意匠権、商標権の4つの権利を「工業所有権(産業財産権)」といい、特許庁が所管しています。これらの権利は、特許庁に出願し、登録することによって、一定期間、独占的に実施(使用)できる権利となります。

○特許権
物、方法の発明を保護するもので、権利の存続期間は出願から20年です。

○実用新案権
物品の構造、形状に関する考案を保護するもので、存続期間は出願から10年です。

○意匠権
物品のデザインを保護するもので、存続期間は登録から20年です。

○商標権
商品やサービスに使用するマーク(文字、図形など)を保護するもので、存続期間は登録から10年ですが、10年ごとに更新することが可能です。

山梨県知的所有権センターでは、これらの権利を積極的に活用できるよう、特許電子図書館による特許情報の迅速な提供を始めとして、未利用特許の活用に関する支援を専門アドバイザーが行っています。

詳細につきましては、やまなし産業支援機構・知財総合支援窓口へお問い合わせください。

〈お問い合わせ先〉
やまなし産業支援機構・知財総合支援窓口/月曜日~金曜日8時30分~17時15分(土日・祝祭日・年末年始は休み) /電話055-243-1888

このページに関するお問い合わせ先

山梨県産業労働部企業立地・支援課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1472   ファクス番号:055(223)1546

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について