トップ > イベントカレンダー > 館長講座「甲府城の考古学4─高石垣と金箔瓦と天守、そして徳川家康包囲網─」(山梨県立考古博物館)

発表日:2018年10月3日

ここから本文です。

館長講座「甲府城の考古学4─高石垣と金箔瓦と天守、そして徳川家康包囲網─」(山梨県立考古博物館)

山梨県立考古博物館では、萩原三雄館長による館長講座を開催しております。この講座は日本城郭史や日本鉱山史などを研究されている萩原館長が最新の考古学の研究成果をわかりやすく解説する講演会です。
今年度4回目の館長講座は、「甲府城の考古学4─高石垣と金箔瓦と天守、そして徳川家康包囲網─」と題し、豊臣秀吉の築城政策から見える政治的意図に焦点を当てます。

画像:平成30年度館長講座のバナー

平成30年度館長講座

豊臣政権の城郭づくりの最大の特徴は、高い石垣で城壁を固め、瓦葺の建物をつくり、高層建造物である「天守」をそびえ立たせることにあります。さらに、屋根瓦は金箔が貼られ金色に輝いており、これらの豊臣系の城郭群をみていくと徳川家康が新たに本拠とした関東を包囲しているのではないかと考えられます。今回の講座では、豊臣秀吉の城郭づくりの中に浮かぶ彼の政治的意図を読み解きます。

ぜひ皆様お誘いあわせの上、ご参加ください。

☆詳しくは山梨県立考古博物館ホームページをご覧ください。

画像:萩原三雄館長

講師:萩原三雄館長

画像:平成30年度館長講座のご案内

平成30年度館長講座のご案内

開催日時

  • 2018年10月13日(土曜日)

午後1時30分~3時(受付は午後1時より開始いたします)

開催場所

名称 風土記の丘研修センター
住所 山梨県甲府市下向山町1271
電話番号 055-266-5286

料金

無料

対象者

中学生以上の方

募集人数

80名

主催

名称 山梨県立考古博物館
住所 山梨県甲府市下曽根町923
電話番号 055-266-3881
ホームページ 山梨県立考古博物館

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055-266-3881   ファクス番号:055-266-3882

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について