トップ > 組織から探す > エネルギー政策課 > 平成29年度住宅用自立・分散型エネルギー設備設置費補助金

ここから本文です。

平成29年度住宅用自立・分散型エネルギー設備設置費補助金 

 ※平成29年度の第2次募集は終了しました。今のところ第3次募集の予定はありません。

補助の目的

この補助金は、山梨県内に居住する居住専用住宅に、エネファーム、リチウムイオン蓄電池、V2Hを設置する際の設備設置費用の一部を補助することで、災害に強く環境にも優しい自立・分散型エネルギーシステムの住宅への導入を促進することを目的としています。

補助金の対象

山梨県内において、自らの住民票における住所地に所在する居住専用住宅に、エネファーム、リチウムイオン蓄電池又はV2Hを設置しようとする個人で、県税に滞納がない方が対象です。

補助金額

補助対象経費のうち、申請者が負担する金額の3分の1以内で、ただし上限額は以下のとおりです。

  1. エネファーム10万円
  2. リチウムイオン蓄電池10万円(※)
  3. V2H5万円(※)

リチウムイオン蓄電池とV2Hは太陽光発電設備との併設が必要です。

リチウムイオン蓄電池とV2Hを併設する場合、V2Hは補助対象外です。

申請受付期間

平成29年5月1日(月曜日)から以下の期間で申請を受け付けます。

各募集の申請受付額が予算割当額に達した日をもって受付終了とします。

募集 申請受付期間 予算割当額
第1次募集

平成29年5月1日(月曜日)~6月30日(金曜日)

平成29年6月12日をもって受付を終了しました。

350万円
第2次募集

平成29年7月3日(月曜日)~8月31日(木曜日)

平成29年7月6日をもって受付を終了しました。

200万円
第3次募集(※)

平成29年9月1日(金曜日)~12月20日(水曜日)

今のところ募集の予定はありません。

第2次募集の結果、予算に残額が生じた場合のみ実施します。

 

補助金予算額

平成29年度550万円

応募の手引き

平成29年度住宅用自立・分散型エネルギー設備設置費補助金利用の手引き(PDF:1,424KB)

平成29年度住宅用自立・分散型エネルギー設備設置費補助金リーフレット(PDF:830KB)

要綱

住宅用自立・分散型エネルギー設備設置費補助金交付要綱(PDF:278KB)

様式

(1)申請書様式

申請書様式(エクセル:139KB)

申請書様式(PDF:389KB)

(2)アンケート様式

平成28年度に補助金を受けた方

第2期アンケート
  • エネファームを設置した方

報告様式2.「光熱費データ」(ワード:627KB)

  • リチウムイオン蓄電池またはV2Hを設置した方

報告様式2.「光熱費データ」(ワード:303KB)

第1期アンケート
  • エネファームを設置した方
既築住宅

報告様式1.「アンケート調査」(ワード:47KB)

報告様式2.「光熱費データ」(ワード:620KB)

新築住宅

報告様式1.「アンケート調査」(ワード:45KB)

報告様式2.「光熱費データ」(ワード:620KB)

  • 蓄電池又はV2Hを設置した方
既築住宅

報告様式1.「アンケート調査」(ワード:46KB)

報告様式2.「光熱費データ」(ワード:301KB)

新築住宅

報告様式1.「アンケート調査」(ワード:46KB)

報告様式2.「光熱費データ」(ワード:301KB)

リンク

各設備の補助対象事業については、以下のURLで確認できます。

 

エネファーム

一般社団法人燃料電池普及促進協会(FCA)

平成28年度民生用燃料電池導入支援補助金

リチウムイオン蓄電池

一般社団法人環境共創イニシアチブ(Sii)

平成26年度補正定置用リチウムイオン蓄電池導入支援事業費補助金

V2H

一般社団法人次世代自動車振興センター(nev)

平成26年度補正次世代自動車インフラ整備促進事業費補助金

区分がV2Hの設備が対象です。

上記補助金は終了しています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県エネルギー局エネルギー政策課 担当:企画調整担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1502   ファクス番号:055(223)1505

広告スペース

広告掲載について