トップ > くらし・防災 > ペット・動物愛護 > ペットの情報 > 迷子の犬・猫情報 > 動物愛護指導センターで保護している負傷動物

更新日:2018年5月23日

ここから本文です。

動物愛護指導センターで保護している負傷動物

負傷したペットの保護

動物愛護指導センターでは、交通事故などでけがをしたペットを保護し、処置しています。

現在、センターで保護している負傷動物

写真

収容日

期間

保護場所

特徴

2-7 5月21日 5月28日 中央市極楽寺

オス

3~5才位

首輪無し

※掲載している写真は、当センターに搬入された時点での写真です。

※動物の負傷状態によっは、写真撮影が困難である等の理由から、画像の掲載を控える場合もあります。

 


(参考)年度別負傷動物数

 

H23年度

H24年度

H25年度 H26年度 H27年度 H28年度

30

18

19

18 11 13

53

43

32

49 84 70

その他

1

(フェレット)

1

(烏骨鶏)

0

0 0 0

 

毎年多く、負傷した犬猫等がセンターに搬入されます。

「所有者明示」・「逸走防止」・「猫の屋内飼養」により大事なペットを事故・病気から守ってください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部動物愛護指導センター 
住所:〒409-3812 中央市乙黒1083
電話番号:055(273)5034   ファクス番号:055(273)5614

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について