更新日:2009年1月29日

ここから本文です。

卒業アルバム(第1・2期生)

No.1ハコ♀

びっこをひいて(「はこう」して)センターにやってきました。垂れ耳が中途半端に立ってしまう事件もありましたが、人なつこく陽気な性格でみんなを楽しませてくれました。

子犬のハコ耳に変化が

No.2アイ♀&No.3タロ♂

センターに捨てられていた子猫たち。目の病気のあった方を「アイ」、そして「アイといえばタロでしょう」という多数の意見でもう1匹を「タロ」と名付けました。譲渡後も2匹一緒です。

子猫のアイちゃんくつろぎのタロタロとアイ200212

No.4ブチ♀

平成9年から長い間センターのモデル犬として活躍してくれました。

ブチ2ブチ

No.5ハナ♀

迷い犬として、毛玉を引きずったやせっぽちの鼻の大きな犬がやってきました。人が大好きですが、とびつき引っ張りには手を焼きました。

ハナ来所ハナちゃん

No.6チワ♂

体に障害があるのにもかかわらず元気一杯走り回っていました。バックに入って一緒に外出すると、どこへいっても注目の的でした。

チワワのクーちゃん不思議な犬

No.7プッペ♀

人が大好きで、人と一緒になって興味深く本を読んでいました?子ねこの面倒もかなり上手です。

プッペのアップ画像プッペとお勉強プッペとねこ

No.8マル♂

マルチーズとしてセンターにやってきた雑種のマルちゃん。お得意のジャンプでセンターにある全てのサークルから飛び出してくれました。「ハウス」「抱っこ」も得意です。プッペとは大の仲良しでした。

マルちゃんハウスマルちゃん抱っこプッペとマル

No.9レビ♀

平成9年からセンターのモデル犬として活躍してくれました。さわられるのが大好きで、タッチングをしているといびきをかいて眠ってしまいます。子ねこのストーカーでもあります。

レビレビさわられるの大好きレビのあくび

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部動物愛護指導センター 
住所:〒409-3812 中央市乙黒1083
電話番号:055(273)5034   ファクス番号:055(273)5614

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について