更新日:2009年1月29日

ここから本文です。

ボランティア譲渡

  • 新しい飼い主を探すことを目的とする個人またはグループへの譲渡を行っています。
  • 希望される場合は「ボランティア譲渡登録」が必要となります。
  • 新しい飼い主の条件や遵守事項がありますので、ご同意いただけない場合は登録することはできません。
  • 登録者または登録団体は県内外を問いません。

ボランティア譲渡登録の条件

  1. 原則として個人又はグループの代表者は、成人であること。
  2. 譲渡を受けた対象動物の保管にあたっては、適正に飼育できる環境を有し、近隣の生活環境に悪影響を及ぼす恐れがないこと。
  3. 新しい飼い主に対して、譲渡する対象動物を適正に飼育するために必要な知識等を教示することができること。新しい飼い主の条件及び遵守事項を確認下さい。
  4. 動物の愛護と適正飼育の趣旨を理解し、センターが行う動物愛護事業に協力的であること。
  5. 譲り受けた者が適正な飼育管理を実施していないと認められた場合は、改善指示又は譲渡の停止等の措置を行います。

ボランティア譲渡登録時に提出するもの

  1. ボランティア登録申請書
  2. ボランティア譲渡誓約書
  3. 一時保管場所見取図
  4. 新しい飼い主探しの目的書、活動実績
  5. グループの場合は会則・会員名簿等

譲渡会

譲渡会の日時については担当者との調整により開催します。

新しい飼い主の条件

  1. 原則として成人であること
  2. 希望する対象動物の飼育を同居する家族全員が同意していること。
  3. 希望する対象動物を適正に飼育できる環境を有し、近隣の生活環境に悪影響を及ぼす恐れがないこと。

新しい飼い主の遵守事項

  1. 譲り受けた対象動物の本能、生理等を理解して愛情をもって終生飼育すること。
  2. 犬にあっては、譲り受けた日から30日以内に狂犬病予防法に基づく「狂犬病予防注射」を受けさせるとともに犬の登録等の必要な手続きを行い、「鑑札」及び「注射済票」を必ず犬に装着すること。
  3. ねこにあっては、必ず屋内飼育し、万一に備え、身元の表示(迷子札等)をねこに必ず装着すること。
  4. 雌雄にかかわらず、不妊手術、去勢手術を必ず実施すること。
  5. 関係する法令を守り、譲り受けた対象動物の飼育者としての責任を十分に自覚して適正に飼育することにより、当該対象動物の健康及び安全を保持するように努めるとともに、人の生命、身体若しくは財産に害を加え、又は人に迷惑を及ぼすことのないように努めること。

連絡票の送付

新しい飼い主が決定し、譲渡動物に必要な措置(不妊去勢手術、犬の登録・注射)を講じたことを確認したら連絡票を送付して下さい。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部動物愛護指導センター 
住所:〒409-3812 中央市乙黒1083
電話番号:055(273)5034   ファクス番号:055(273)5614

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について