更新日:2015年3月6日

ここから本文です。

卒業アルバム(第5・6期生)

no,17cat22-9-20♂

センターに来たときは、兄弟全部が眼病でした。けれども愛らしい性格でしたので、皆、新しい飼い主の元へ譲渡されました。その中の1匹です。ある日届いた写真が、あまりの美猫なのでアルバムに掲載させていただきました。名前を聞かなくてごめんなさい。

cat0920otona

no,18ムーcat22-9-18♂

センターに遊びに来てくれました。少し緊張していました。とても大きくなりました。体重は?と思わず質問しました。偶然にもno,17、cat22-9-20の兄弟です。やはり美猫!です。

186485

 

no,19フクスケdog23-7-12♂

センターにお年始に来てくれました。ありがとうございます。耳が立派になってびっくり。小さな時も面長でしたが、すっかりハンサムな若犬に成長しました。

07-12712new

 

no,20らんdog23-07-04♀

飼い主さんが一目惚れの子犬でした。立派な甲斐犬に成長しました。ドライブ好きでお買い物も一緒に行くそうです。写真は少し緊張気味。

0704nai

no,21cat23-10-15♀負傷h23-59

負傷動物としてセンターに搬入されました。手当てのかいなく左の後足にハンデが残りました。しかし、飼い主さんは、ハンデを承知で、うったえる目をしたこの子ねこを貰ってくださいました。写真をみると階段の登り降りもできるのですね!!

66576659

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部動物愛護指導センター 
住所:〒409-3812 中央市乙黒1083
電話番号:055(273)5034   ファクス番号:055(273)5614

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について