トップ > 医療・健康・福祉 > 高齢者福祉 > 高齢者福祉その他 > 【お知らせ】「山梨県福祉用具専門相談員指定講習会指定事務等実施要綱」を改正しました。

更新日:2015年2月20日

ここから本文です。

【お知らせ】「山梨県福祉用具専門相談員指定講習会指定事務等実施要綱」を改正しました。

 

「介護保険法施行令」(平成10年政令第412号)及び「介護保険法施行規則」(平成11年厚生省令第36号)の改正により、平成27年4月1日から開始される福祉用具専門相談員指定講習会のカリキュラムが大幅に見直され、これを受け県の要綱を改正しました。今後は、「新要綱」にしたがって県の指定を受けていただく必要があります。

※なお、制度・内容の両面に関わる今回の改正の趣旨にもとづき、既に指定を受けている事業所についても、改めて申請していただく必要がありますのでご留意ください。

 

【今回改正のポイントについて】

  1. 履修時間が40時間から50時間に変更になりました。
  2. 講師の資格要件が一部変更になっています。
  3. 修了評価(筆記試験)の実施が課されることになりました。
  4. 福祉用具専門相談員となるための要件から、養成研修修了者(介護職員基礎研修課程・1級課程・2級課程修了者、介護職員初任者研修課程修了者)が除かれました(介護保険法施行令第4条)。

 

【改正ポイント4に関る経過措置について】

上記4については、経過措置が設けられています。改正省令施行の際(平成27年4月1日)、現に養成研修修了者である者の助言(平成28年3月31日までの間において行われるものに限ります。)を受けて、選定された福祉用具の貸与・販売については従前の例によることとされています。当該事項に関係する事業所等につきましては、十分ご留意ください。

【参考:「介護保険法施行令及び介護保険の国庫負担金の算定等に関する政令の一部を改正する政令及び介護保険法施行規則等の一部を改正する省令の公布について」(平成26年12月12日付け老発1212第1号 厚生労働省老健局長通知)】(PDF:383KB)

 山梨県福祉用具専門相談員指定講習会指定事務等実施要綱

(参考)旧要綱(PDF:236KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部健康長寿推進課 担当:介護基盤整備担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1451   ファクス番号:055(223)1469

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について