職人別検索

ジュエリーに作り手の想いとメッセージを込めて。井上実((株)中込宝飾 金属加工職人)おうし座/山梨県出身

山梨県甲府市にある(株)中込宝飾。

昭和34年の創業以来、真珠を用いたジュエリー製造に取り組み

個性溢れるハイクオリティなジュエリーを生み出している老舗企業だ。

今回紹介する井上実氏は、その中込宝飾で働く若き職人。

会社を代表して参加したKoo-fu Y プロジェクトでは、

ロックテイストの斬新な真珠ジュエリーを発表し高い評価を得ている。

カラフルな真珠と地金の組み合わせが新鮮ですね!

それはウチの会社のオリジナルブランド「She’s(シーズ)」のジュエリーですね。選りすぐりのアコヤ真珠や南洋真珠と、精巧な加工を施した地金を組み合わせています。僕が担当しているのは地金部分の加工です。ウチには地金の加工職人が僕も含めて5人いるんですが、石留め専門とか磨き専門とかいった職人はいません。職人一人ひとりが、ろう付け、石留め、磨き、仕上げといった全工程を担当しています。そして地金部分が完成したら別の係に渡して真珠を取り付けて完成です。真珠は熱や薬品に弱いんで最後に付けるんですよ。

へぇ。一人で地金加工の全工程をしてるんですね。

ええ。原型を作ってキャストに出してる間に、他の製品の磨きをしていたりして、常に5種類くらいは同時並行でしていますね。あと、扱う地金も18金、ホワイトゴールド、イエローゴールド、プラチナ、Koo-fuオリジナル地金など様々です。もちろん素材によって硬さ、粘り、融点が違いますし、同じホワイトゴールドでも仕入れ先によって性質が微妙に違うこともあります。それぞれの地金の特性を理解して最適な方法で加工しなければならないんですが、そのためには数をこなしていくしかないですね。

デザインは誰が?

ウチには専属デザイナーが1人いるんです。彼女は毎年Koo-fuコレクションにも会社代表として参加しているんですよ。彼女とは専門学校時代から一緒で、同期として入社してから16年間ずっと一緒にやってきてるんです。だから何でも言い合える仲。この画のここはおかしいとか、この部分は実際には作れないとか、こういう作りにした方がいいとか、作り手として気が付く部分があるので、それを彼女に伝えています。より良い製品を作る上でデザイナーと職人とのコミュニケーションはとても大事ですよ。

なるほど。職人とデザイナーが密に連携をとることでハイクオリティな製品が生み出されているんですね。作る上で難しいのは?

やはりバランスですね。真珠がたくさんになると、真珠と真珠の間の距離感がすごく重要なんです。離れているとかっこ悪くて、真珠同士がギュッとくっついているほうが見た目はいいんです。だけど真珠は自然に作られるものだから一つひとつ大きさはバラバラだし、コンマ数ミリ単位でデコボコがあったりします。さらに真珠の横にダイヤが付くとなるとそのバランスも考えなければならないのでとても難しいんです。だから事前にデザイナーや真珠を着ける職人さんと十分話し合ってシミュレーションしてから真珠を着ける位置を決めるようにしています。その甲斐あってKoo-fuの作品はとてもいいバランスに仕上がりました。

Koo-fu Y プロジェクトの作品も絶妙なバランスですね。

ええ。デザインの段階で僕もアイデアを出して作ったんです。真珠の中心に空洞があって芯棒が貫通しています。その先にロックテイストを出すためにスタッズを付けています。面白いことに真珠部分は少し動くようにしてるんですよ。そのおかげで着け心地もいいんです。だけどやはりこれもバランスが大事なんです。真珠同士の間隔を詰めすぎると動かなくなってしまうし、間が空きすぎても全体の締まりがなくなってしまいます。完成するまで苦労しましたけど結果的に満足のいく作品になりました。こういった作品を作れたのもこのプロジェクトに参加したおかげですね。真珠の仕入れとか原価の計算など普段しないようなことまでできましたし、他の職人さんとの交流も深めることができました。本当にいい経験になりましたよ。

それは良かったですね!ではこれから職人を目指す人に伝えたいことは?

職人は作るものにメッセージとか想いをのせることができるんです。ジュエリーに限らずものづくりの作り手であればみんな同じです。自分が伝えたいこと、考えていることをみんなに発信できる。それがすごく魅力的だしやりがいだと思うんです。あと、特にジュエリーというものは決してマイナスのイメージを持って買わないですよね。愛する人へのプレゼントだったり、自分へのご褒美だったり、買う人それぞれにストーリーがあって、夢が詰まっている。幸せの象徴なんです。そういうものを作れるっていうのは最高の喜びですよね。ジュエリー職人を目指している方はぜひ頑張ってください。

たしかにジュエリー職人は夢のある仕事ですね!これからも貴金属加工職人として、ますますのご活躍を期待しています。今日はありがとうございました。

 

企業情報

名  称:株式会社中込宝飾

住  所:山梨県甲府市青沼3-3-5

T E L:055-232-5411 

E-mail:info@nakagomi-pearl.co.jp

H   P:http://www.nakagomi-pearl.co.jp

事業内容:主に真珠宝飾品の企画・製造・卸販売

  

 

Koo-fuのリング(K18WG×黒蝶ケシ×ダイヤ)

地金部分は井上氏が加工。 

真珠と色石、そして井上氏により

精巧に加工された地金の組み合わせが美しい。 

K18WGを使ったKoo-fuのリング

 

ロックテイストを取り入れたKoo-fu Y プロジェクトの作品

地金の加工はもちろん、デザインにも井上氏が関与。 

 真珠の計算されたバランスに注目したい。

 

 

 

Minoru Inoue 井上実

●1975年5月11日生まれ●駿台理工専門学校情報デザイン学科卒業後、(株)中込宝飾に入社●2010年「Koo-fu Y project」に参加。貴金属装身具2級の資格を持つ。